ジョギングの季節と全天候ガイド。暑さや雨に負けず走る知識

天気には、晴れの日があり
曇りの日があり、雨の日がある。

季節によっては雪が降ったり
台風が訪れて猛烈な雨風が吹き荒れる
大荒れの天候になる日もあります。

ジョギングにおいて最大の障害となるのは
気象条件といって過言ではありません。

この気象条件に大きく影響されるのが
「気温の高低差」であり
一年365日を通してみると
暑くもなく寒くもない穏やかな日は稀で
うだるような暑い日や
凍えるような寒い日の方が
日数的には多いと感じてしまいます……。

真夏の35℃を越えるような猛暑日は
熱中症の危険性を感じるほどですし
真冬の凍てつくような寒さの中では
身体が思うように動いてくれませんよね?

実際にジョギングを始めてみて
四季ごとの天候の変化に辟易していたり
来るべき厳しい季節の到来に
恐れおののいているかもしれません。

具体的には、きっと

「気温が高いと熱中症になりそう……」
「直射日光で日焼けするのが心配だ」
「雨の中走ったら風邪を引きそう……」
「雪国の人は冬でも走っているの?」

こんな疑問や不安がありますよね?

そんな季節によっては
過酷な条件が強いられる環境下においても
快適にジョギングするための知識を
まとめていきたいと思います。

ひとくちで言い表すと
「季節に合わせたジョギング方法」
ということになりますね。

ジョギングは屋外で行うのが基本で
荒天には弱いスポーツと思われがちですが
対応次第であるのを知って頂きたいです。

日本は諸外国と比べると
「春夏秋冬」の四季が
比較的明確に分かれる気候帯に属します。

夏は湿った南風が吹き込み高温多湿に
冬は北方からの季節風で空気が乾燥し
山間部では大雪が降ります。

それに加えて北は北海道、南は沖縄と
国土が南北に細長い地形をしているため
同じ季節でも、それぞれの地域によって
天候や気温は大きく変動。

また、日本は梅雨という長雨のシーズンや
それ以外でも普段から降雨量が非常に多く
この「雨」も大きな障害になります。

ですからジョギングする人にとって
日本の風土は最高に適しているかというと
疑問符がついてしまうことでしょう……。

ジョギング初心者がなんとなく
気軽な気持ちで走り始めたとしても
「夏の暑さ・冬の寒さ」という
気候的な厳しさから挫折しても
まったく不思議ではありません。

運悪くというか、タイミング悪く
真夏や真冬にジョギングをスタートすると
ただでさえキツイ運動に加えて
気候的な悪条件が重なってしまいますね。

しかし、そうはいっても工夫次第で
不向きな環境にだって適応できますよ。

ジョギングする際に障害となる気象条件は

・真夏の高温多湿
・真夏の直射日光(紫外線)
・冬場の雪国の降雪
・梅雨を代表とした降雨

これら4つが代表的ですね。

この中で最も多くの人が懸念されるのが
夏場の「高温」や「紫外線」でしょう。

わざわざ言うまでもありませんが
昨今の日本の夏の暑さは異常です。

毎年7月~8月になると決まって
屋外で仕事やスポーツをされていた方が
熱中症になって救急車で運ばれたり
亡くなられるニュースを耳にします。

それまで運動経験があまりなかった人は
特にそんな高温でリスクの高い真夏に
ジョギングをすることに対して
慎重になってしまうのは当然で……。

ただ、路上では真夏でも関係なく
汗をかきながら必死に走るランナーを
よく見かけるのではないでしょうか?

そう、適切な対策と知識があれば
現在の日本の猛暑のさなかでも
ジョギングすることは可能なんです!

具体的な対策としては

・日焼け止め
・スポーツキャップ(帽子)
・スポーツサングラス
・日向を走らない(並木道が適切)

これらのグッズをしっかり装備して
太陽を避けながら走れば
紫外線によるシミや皮膚ガン等のリスクも
それほど恐れる必要はありません。

ジョギングする時間帯や装備など
工夫すべきポイントがたくさんあり
高温や紫外線による害から身を守ると
快適とは言えないまでも
十分走り続けることは可能です。

また、雨や雪の日に対しても同じで
中止する理由には必ずしもなりません。

たしかに雨の日に走れば
風邪を引くのが心配ですが

・帽子
・雨用ウェア
・防水スプレーの使用
・予備のシューズを履く

といった方法を採れば、雨に濡れず
体が冷えて風邪をひくリスクも減り
それほど苦もなくジョギングが可能です。

雪の日に走るのは、風邪にくわえて
転倒する危険性が懸念されますね。

雪が降り積もった路面は滑りやすく
凍結したアイスバーンの道を走るのは
わざわざ転びにいくようなもの……。

ただ大雪が積もるような東北地方から
北海道にかけての冬のジョギング事情は
まったくオフシーズンになるわけではなく
これも対策次第では回避できます。

雪の日に転倒をさけるには

・歩幅を狭く靴の裏全体で着地する
・踏み固められた雪の上は避ける
・車や人の出入りが多い道路は避ける

といった知識さえあれば
リスクを最小限に抑えられますよ。

気候の変動が激しい日本に暮らしながら
雨天・炎天下・氷点下の屋外で走るには
季節に合わせたジョギング方法を
知っておいたほうがいいでしょう。

僕は一年中、季節は関係なく毎日欠かさず
20年以上ジョギングを続けています。

それは比較的温暖で滅多に雪が降らない
関東地方に住んでいるからこそ
という理由もありますが
それでも走るのが困難な日もあります。

しかし、走り続ける中でなんとか工夫して
ぐったりするほどの蒸し暑い日はもちろん
雨が降ったり、多少雪が積もろうが
どこ吹く風と平然とジョギングをする
そんな術(すべ)を身につけてきました。

その「雨天決行・全天候型」の心構えや
服装などの準備の知識をあますことなく
各記事にまとめています。

春夏秋冬オールシーズン休むこと無く
どんな季節でも明るく笑って走れるように
僕が後押しをできたら幸いです。

ぜひご覧になってみてください!

季節に合わせたジョギング方法

ジョギングで虫が口に入る!100%ガードする賢い対策3選

ジョギングで虫が口に入りませんか?気分良く走っていたらゴックン!飲み込んでしまったけど大丈夫?そんな悲劇を防ぐための賢い対策法を3つご紹介します。ポイントは「時間」と「コース」にありました。ジョギングで虫が口に飛び込んで困っている人はご一読を!
季節に合わせたジョギング方法

ジョギングで風が強い日は休む?目や耳が痛い!を防ぐコツ

ジョギングで風が強い日は休むべきか解説します。砂埃が舞っている中を走るのは健康に悪いか?コンタクトレンズが飛んでしまわないか?耳が痛くなったりキーンとする症状の防ぎ方などジョギングで風が強いときの完璧な対処法をご紹介しましょう。
季節に合わせたジョギング方法

ジョギングで日焼けしたくない!白い肌を守って走る方法2選

ジョギングで日焼けしたくない人へ真夏でも白い肌を守って走る方法をご紹介します。ポイントはたった2つだけ!ジョグする時間帯とコースの選び方。逆に「やってはいけない」紫外線対策も解説。ジョギングで日焼けがしたくないと強く思う人は今すぐ読んでください。
季節に合わせたジョギング方法

ジョギングが億劫?冬の寒さに負けないで走れる5つのコツ

ジョギングを億劫がらずに続けるコツを解説します。冬の寒い日に「走りたくない気持ち」をどうコントロールするか?、20年以上も継続してきた管理人がご紹介。ジョギングが億劫で仕方ない人はぜひご一読を!
季節に合わせたジョギング方法

ジョギングの防寒対策ベスト5!汗をかくほど体を温めるコツ

ジョギングの防寒対策をご紹介します。気温がマイナスまで下がる寒さの中、体を冷やさないためのグッズや工夫を集めました。どれも真冬でも休まず走る管理人が実践中のものばかり!ジョギングの防寒対策ならおまかせください。これで風邪を100%ガード!
季節に合わせたジョギング方法

ジョギングの虫除け方法!蚊に刺されない3つのコツとは?

ジョギングの虫除け方法を解説します。走っている途中で蚊に刺されないためにはどうしたらいいか、ポイントは3つ。ジョグするスピード、コースの選び方、ウェアの色にありました。ジョギングの虫除けで悩む人に今すぐ知ってほしい知識を余さずご紹介します。
2018.10.31
季節に合わせたジョギング方法

雨の日にジョギングの代わりに!家で体脂肪を燃やす運動6選

雨の日にジョギングの代わりになる運動をご紹介します。悪天候だと外を走れないのでダイエットも一休みですが、狭い家の中でも体脂肪が燃焼できたら最高ですよね?そんな雨の日にジョギング代わりになるオススメのエクササイズを6つ厳選しました!
2019.03.07
季節に合わせたジョギング方法

ジョギングを雪国でやるには?転ばず安全に走る3つのコツ

ジョギングを雪国でやる人に向けて、安全に走るコツを解説します。ツルツルの道路で転倒を防ぐ方法、雪道でも滑らず足を濡らさないためのシューズや服装、どんな路面が危険か?という見きわめ方など、ジョギングを雪国で行うときに知っておきたい情報をまとめました。
2018.10.31
季節に合わせたジョギング方法

真夏のジョギングは熱中症に?命を守るための6つの必須対策

真夏のジョギングは熱中症が心配ですよね。はたして本当にリスクが高くなるのか?安全に走るためにはどうしたらいいか?正しい水分補給の仕方や体への配慮、ルートの選び方など真夏のジョギングで熱中症から命を守るための6つの対策方法をまとめました。
2018.10.31
季節に合わせたジョギング方法

ジョギングの紫外線対策。シミ・そばかすを防ぐ6つの方法

ジョギングの紫外線対策として絶対やるべきことを6つ紹介します。太陽光線を浴び続けるとシミやソバカス、皮膚ガン、白内障の危険が!このリスクから肌を守るためにジョギングの紫外線対策は欠かせません。皮膚のダメージを気にする女性は夏以外の季節も必須ですよ。
2018.10.31
タイトルとURLをコピーしました