ジョギングで日焼けしたくない!白い肌を守って走る方法2選

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

肌をジリジリと焼く太陽光線。

夏にジョギングしていると
あっという間に肌は真っ黒に……。

日焼けしたくないからと
夏だけは走るのを控える女性が
たくさんいらっしゃるハズ。

「日焼け止めを使えば防げるけど
ベタベタするから塗りたくない……」

そんな人のために日焼け止めに頼らず
紫外線の多い夏でも日焼け知らずで
ジョギングする方法をご紹介しますね。

●ジョギングで日焼けしたくない人の選択肢は2つ!

太陽が容赦なく照りつけて
熱中症患者が続出する猛暑の夏でも

日焼けしないで白い肌のまま
ジョギングする方法がコチラ。

■日焼けを防いで走る方法
・早朝か夕方に走る
・アーケードや木陰を走る

逆にまったくオススメできない
ありがちな2つの誤解がこちら。

■オススメできないダメな方法
・帽子をかぶる
・トンネルを走る

では、ここから具体的に
どうすれば日焼けが防げるのか?

また、おすすめ出来ないダメな方法は
具体的にどこがダメなのか?

くわしく解説していきましょう。

●早朝か夕方にジョギングしよう

まず、こちらの気象庁が発表している
「晴天時UVインデックスの
時別累年平均値グラフ」
をご覧ください。

※画像引用
https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/link_uvindex_norm_hour.html

※東京の8月のデータです。

UVインデックスとはUV指数のことで
紫外線の強さを指標化したもの。

色が濃いほど紫外線が強く
日焼けをしやすい時間帯で

色が薄いほど紫外線が弱く
日焼けをしにくい時間帯になります。

このグラフから読み取れるように

・早朝(~午前6時台まで)
・夕方(午後6時以降~)

この両時間帯ならば
ほぼ紫外線量はゼロに近いため
日焼けを気にしないでジョギング可能。

実際、僕は太陽が沈んでもまだ明るい
午後7時前からジョギングをスタートし

完全にあたりが暗くなる頃に帰宅しますが
まったく日焼けはしません。

ですから、毎日30分ジョギングしても
真夏でも肌は「白いまま」です。

というか屋外で一年中走っているわりに
肌はずっと白いので運動習慣があるように
まったく見えないのが逆に悩み……。

●アーケードや木陰をジョギングしよう

日焼けしたくないけれど
早朝や夕方から夜にかけては
スケジュール的にジョギングできない!

そういう人もたくさんいるでしょう。

そんな方にはジョギングするコースを
工夫してみてはいかがでしょうか?

日焼けをしたくないなら
太陽光線を遮る何かがあればいいわけで
自宅近くにこんな場所ありませんか?

・アーケード(屋根がついた商店街)
・木陰(公園内のコースや森林)
・高架下(高架になった道路の下)

■アーケード

いろんな商店が軒を連ねた通りで
買い物客が濡れないように
屋根が付けられた◯◯商店街。

こういう屋根の下なら
どんなに日光が差しても大丈夫。

さすがに買い物客がごったがえす
午後3~5時くらいはムリですが

それ以外の時間だったら
ジョギングしても迷惑になりません。

僕の家の近くの商店街は
「シャッター街」になっているので
そういう場所だと好都合ですね。

■木陰
大きく枝を伸ばした広葉樹が
道路の上まで覆っているようなコース。

木陰に入るとひんやりするくらい
日差しを遮ってくれるので
夏に走るならピッタリです。

■高架下
かなり場所は限られてしまいますが
近所にこんな場所があれば最高です。

それが高速道路や鉄道の高架。

こういった高架下に
道路や鉄道に沿うように
道路が作られていたら好都合。

高く架けられた道路や鉄道が
屋根代わりになって太陽を遮るので

一切、日焼けしないで
快適にジョギングが可能ですよ。

高架の距離が短い場合は
何度も往復して走ればOKです。

●「帽子」では日焼けを防げないワケ

帽子(スポーツキャップ)さえかぶれば
顔の日焼けは防げると思ってませんか?

でもそれは大きな勘違い!

紫外線は上空からまっすぐに
顔に照射するだけではなく

地面で反射した紫外線が
下から照射する分もあるんですよ。

冬に雪山でスキーをすると
意外なほど顔の肌が焼けてしまうのも

冬だから弱いはずの紫外線が
雪で強く反射するからなんですね。

紫外線の反射率は

※引用
新雪・・・80%
アスファルト・・・10%
砂浜・・・10~25%
水面・・・10~20%
草地や土・・・10%以下
※引用

出典:地表面の反射と紫外線(気象庁)
https://www.data.jma.go.jp/gmd/env/uvhp/3-76uvindex_mini.html

このように雪ほどではないにしろ
アスファルトも確実に反射します。

ですから帽子のつばで
顔は影になっていても
日焼けをしてしまうわけなんですね。

芝生が張られた公園であるとか
土のグラウンドなどは反射が弱く
ジョギングには適しています。

ただ、それでもゼロではありませんから
帽子だけでは安心できませんね。

●「トンネル」はオススメできないワケ

太陽の光が届かなくて
走れる道路がある場所といえば
「トンネル」があります。

トンネルを紫外線を避けるために
何度も往復するというのは一見すると
素晴らしいアイデアに思えますよね?

……しかし、これはNG!

トンネル内はいくら紫外線的には
100%「安全地帯」であっても

排気ガスによる空気の汚れを吸うので
気管支に悪影響を及ぼすのは確実です。

ですから、絶対にやめましょう。

トンネルの健康被害について
くわしくは別記事にまとめています。

※トンネルの記事へリンク

まとめ

ジョギングで日焼けしたくない場合
「おすすめの対策」と「ダメな対策」を
あらためてふりかえってみましょう。

・早朝か夕方の紫外線の少ない時間に走る
・太陽を遮るアーケードや木陰を走る
・帽子では照り返しを防げない
・トンネルは空気が悪いのでダメ

ジョギングしている人って
年中、小麦色の肌をしていて
一見すると健康的に見えます。

でも実際は肌にはダメージですから
なるべく太陽は避けるべきですね。

僕は20年以上毎日走っていますが
ほぼ日没後に走っているので

年齢の割にはシミやそばかすが少なく
肌への悪影響を感じたことがありません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
季節に合わせたジョギング方法
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました