ジョギングの走り方とは?初心者が最低限知るべき4項目

路上でジョギングをしている人を
たまに見かけることがあります。

なんとはなしに観察してみると
「う~ん…」と首を傾げたくなるくらい
基本から外れたフォームで走る人が
非常に多く見受けられます。

もちろん全員が全員そうではありませんが
やはりいかにも「初心者然」とした方は
そのような傾向が強いですね……。

ただ、そうはいっても
笑う気にも責める気にもなりません。

走り方の基本が身についていないのは
いたって自然で無理からぬことで

過去の僕がそうであったように
ほとんどの人が誰にも習わず
自己流の走り方をしているのですから。

何もかもすべて自分で決めてしまい
それに従ってなんとなく走っているせいで
不格好なフォームになっているんですね。

恐らくそれはフォームのみならず

・走る時間や距離やスピード
・一週間に走る回数(頻度)

といった走り方の基礎知識にも及びます。

自己流でも上手くフィットすれば
なんの問題もありませんが

・スピードを出し過ぎしまう
・過剰に走り過ぎてしまう

その結果として
足に痛みが出たり、ケガをしてしまい
それ以上、続けるのが困難になるのが
初心者にありがちなパターン……。

そんな事態に陥らないために
ジョギングにおける正しいフォームや
初心者はどれくらいのスピードで
どれくらいの距離を走ればいいのか
「走り方の基本」を見ていきましょう。

僕自身、ジョギングを始めた当初は

・腕の振り方はこれでいいのか?
・足の動かし方はこれでいいのか?
・スピードはこんなに遅くていいのか?

と、大げさに言ってみれば
「一挙手一投足」のあらゆる動作に
戸惑う点が多数あったと記憶しています。

オリンピックのマラソン競技や
お正月の箱根駅伝など
普段から長距離走を見る機会は度々あり
見慣れてはいたつもりでした。

しかし、いざ実際に自分で走ってみると
そもそも基本的な走り方を知らないことに
気付かされましたね。

小学校から中学校までは毎年のように
学年別のマラソン大会があったものの
だからといって体育教師から
きちんとした「正しいフォーム」を習った
という記憶が全くありません……。

野球のボールの投げ方や
サッカーのボールの蹴り方などは
専門的に習わないと分からない動作です。

しかし「走る」という動作に関しては
何も知らない幼児すら無意識に行えるので
他人から基礎を習う機会など
ほとんどの人には無かったはず。

マラソン人口が増えているにも関わらず
初心者向けのジョギング講座のような
基礎を学べるスクールもあまり見かけません。

逆に言えばそれほど
教えること(覚えること)は少なく
マスターするのは他のスポーツと比べて
比較的楽な部類に入ると思います。

そんな理由から
走ることは誰でも出来るにも関わらず
ジョギングの正しいフォームとなると
知っている人は少ないと推測されます。

まずジョギングフォームに関して
重要なポイントとして知っておくべきは

・腕の振り方
・姿勢
・足の着地の仕方

という、たった3点だけです。

これを簡易的に説明してしまうと

・腕は後ろに突き出すように振る
・姿勢は猫背にならないように
・着地は足の裏全体で

と、言葉にすれば実にシンプルで
単純なことのように思えてしまいますね。

ただ、なかなか文字や口頭では
正確に伝えるのが難しいポイントなので
フォームを解説した動画やイラストで
実際の体の動かし方を見て
それを参考にするのが上達への近道ですね。

つづいてジョギング初心者にとって最適な
走る距離・時間・頻度の決め方について。

こちらは人によって様々に
意見が分かれるところではあるのですが

一日置きに15~20分くらい走る

これが初心者にとってベストだと
僕自身は考えています。

走るスピードやペースについても調べると
人によって「何分がベストですよ」と
意見はマチマチではあるのですが
これについての僕の意見は

人それぞれ自分にとって
無理のないペースで走ればそれで良く
目標をあえて立てる必要はない!

そう考えています。

ジョギングをいざ始めてはみたけれど
キツくて走り続けられない
長距離が走れないという悩みを抱える人も
少なからずいらっしゃるようです。

こうした方はなにかしら魔法のような
解決方法を探しているのかもしれませんが
こればかりは地道に少しずつ慣らしていって

昨日より今日、今日より明日

と少しずつ進んでいくしか方法はないと
納得してもらわないといけませんね……。

誰もが最初は走るのが辛いですが
毎日と言わず週に3~4回くらいを目安に
しばらく走り続けてみてください。

そうすれば辛さは次第に和らいでいきますし
走れる距離も確実に伸びていくものなので。

その際、無理して走るスピードを上げたり
走る距離を伸ばす必要はありません。

自然と体力がついてくるのを気長に待つ…
それだけでOKだと思います。

ジョギングの走り方で
まず初心者が知っておきたいことは
以下の4つに集約されると思います。

・ジョギング動作の基本フォーム
・走る距離や時間の目安
・走るスピードやペースの目安
・長距離の慣れ方

とりあえずこれさえしっかり抑えておけば
何も迷うことはないでしょう。

ここでは駆け足でざっと解説しましたが
よりくわしい解説を写真を交えて
個別記事にて行っています。

日々のジョギングが
無理なく怪我なく続けられる
初心者向けの基本ガイドになっていますので
ぜひご覧になってみてください!

ジョギングの走り方

運動苦手のジョギング実践方法!失敗しない鉄板の3ステップ

運動苦手のジョギング実践方法を解説します。走った経験が無い人でも、足を痛めずムリをしないで始めるための鉄板の3ステップ!当ブログ管理人が実践した運動苦手でもジョギングを20年以上も継続に成功したマル秘メニューを紹介しましょう。
ジョギングの走り方

長距離が苦手を克服する3つのコツ!楽しく速く走るには?

長距離が苦手を克服する3つのコツを紹介します。体育の授業や部活では定番ですが、どうすれば楽に走れて、順位をあげられるのか?「フォーム・食事・練習方法」を中心にまとめました。長距離が苦手で克服したい中学生や高校生におすすめですよ!
ジョギングの走り方

ジョギングの基本フォーム。膝や腰を痛めず走る3つの原則!

ジョギングの基本フォームを解説します。走ると膝や腰が痛むから改善したい、美しくカッコよく走りたい、どこが悪いのか分からない・・・。そんな初心者のために「これさえ押さえれば大丈夫!」というジョギングの基本フォームの3つの原則をまとめました。
ジョギングの走り方

ジョギング初心者が走れない原因。走行距離を伸ばすコツ3選

ジョギング初心者が走れない原因と走行距離を伸ばす3つのコツを解説します。息が上がったり足が痛くなったりして短時間でバテる人に向けて、どんな問題点があるのか?どこを改善すべきか?ジョギング初心者の走れない悩みを解決しましょう!
ジョギングの走り方

ジョギング初心者の頻度は?熟練者が推奨する1日置きの根拠

ジョギング初心者の頻度を解説します。ダイエット効果や健康維持のためには毎日走るべきなのか、もっと少ない回数でいいのか?過去に5kgの減量に成功した管理人が、ジョギング初心者の頻度の設定について「これがベスト!」をまとめました。
ジョギングの走り方

ジョギング時間の目安。30分がダイエットに効果的なワケ

ジョギング時間の目安を解説します。ダイエットの成功にはどれくらい走ればいいのか、一日の摂取カロリー量から導き出した理想とは?初心者にとっての現実的なジョギング時間の目安をご紹介。いまのあなたに最適な走り方が分かりますよ。
ジョギングの走り方

ジョギングの腕振り改善法「疲れる&変だと言われる」を解決

ジョギングの腕振りの正しい動作を解説します。走り方が変だと言われたり、長距離を走るのが疲れてしまう人は必読!3つの「よくある間違い」をチェックしてジョギングの腕振りを今すぐ改善。たった1つのポイントを意識するだけで美しいフォームに劇的チェンジ。
ジョギングの走り方

ジョギングの時速は何kmが適切?初心者は超スローでOK!

ジョギングの時速は初心者は何kmが最適なのか解説します。速く走れなくて不安な人に、世間のランナーはどれくらいのスピードで走っているのか、ジョギングの時速の平均を紹介。流行りの「スローな走法」は1時間に5kmという衝撃の遅さ!
2019.10.04
ジョギングの走り方

ジョギングの目線の据え方。遠くても近くてもダメ!正解は?

ジョギングの目線の据え方を解説します。自動車や自転車の接近をすばやく察知するには何メートル先を見ていればいいのか?長く走っても疲れないのはどれくらいの前方に視線を向けていればいいのか?ジョギングの目線の「目安」をまとめました。
ジョギングの走り方

ジョギングの着地。かかとorつま先どっちが正解か最終結論

ジョギングの着地はかかと・つま先のどちらが正解か迷いますよね?足への負担が少なくてスピードを落とさない走法という観点から比較すると、第三の選択肢が浮上。ジョギングの着地でかかとやつま先よりも優れた部分とそのメリットをくわしくまとめました。
タイトルとURLをコピーしました