ジョギングは毎日と一日おき?痩せたいならどちらが効果的か考察

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

毎日走る男性ランナー

いつの間にか、ぽってりとふくれたお腹
たるんだ二の腕、ぷよぷよの太腿を
昔のように細くしたい!

ジョギングを始める動機は
誰でも大抵一緒ですね。

でも、いざジョギングを始めるにあたって

「毎日走ったほうがいいの?」

それとも

「一日おきに走ったほうがいいの?」

できれば楽をしたいけど
それで効果がなかったら嫌だし……。

どちらがより効果的か
迷ってしまうと思います。

ここでは「毎日 or 一日おき」という
どっちの頻度でジョギングするのが
ベストなのか?解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョギングは毎日と一日おき、どっちが効果的?

やる気充分でジョギングを始める人は
休み無しで毎日走りたいと思いますよね?

逆に、嫌々ジョギングを始める人は
一日おきに走るのが
やっとではないでしょうか?

この両者、どちらが早く痩せて
ダイエットに成功するかというと

  • 一日おきより毎日ジョギングした方が良い
  • 毎日走ればダイエット効果は「2倍」になる
  • しかしジョギング初心者は一日おきがベスト

当然といえば当然ですが
ジョギングは一日おきよりも
毎日走った方が「消費カロリー量」が
増えるので効果的です。

ただ、学生時代などに運動を続けていて
走ることにもある程度は
慣れている方はともかくとして

「太り気味」のジョギング初心者の方は
一日おきにしたほうがいいんです!

それはなぜか?……
ここからくわしく解説していきますね。

毎日ジョギングすれば、一日おきより2倍早く痩せられる!

ダイエットでウエストが細くなった女性

ジョギングをする際には
大量のエネルギーが必要になります。

その際にエネルギー(体脂肪)が
使われることで体脂肪が消えてなくなり
その結果、体重が減るわけですね。

この体脂肪をどれくらい燃やすか?
という運動量については
「消費カロリー量(kcal)」で表し

ジョギングの消費カロリー量は
「体重」と「走った距離」に比例して
ドンドン増えていきます。

たとえば体重が53kgの人が
毎日5km走った場合
1ヶ月(31日間)での消費カロリー量は

53kg(体重)×5km(距離)×31(日数)=8,215kcal

という計算から8215kcalと分かります。

一方、一日おきにジョギングした場合は
この半分になりますから

8,215kcal÷2=4,107.5kcal

当然ながら消費カロリー量は
4,107.5kcalと半減してしまいますね……。

あなたご自身の体重と走る距離から
想定される消費カロリー量は
こちらの計算フォームでお確かめください。

いかがだったでしょうか?

計算した結果から分かるように
一日おきに走るよりも毎日走ったほうが
消費カロリーは増えるので
痩せる効果が高まるわけです。

ジョギングを毎日するのは良くない?

ジョギングを毎日するか悩む男性

毎日のジョギングに疑問を持つ方は

筋トレは“毎日行ってはいけない”

といった類いの情報を
どこかで目にしたのではないでしょうか?

たしかに筋トレ(無酸素運動)は
筋肉を激しく使って
身体が著しく消耗するため
それを休養させる時間が必要になります。

そのために一回運動を行ったら
筋肉痛が取れる「一日ないし二日」を
目安としてしっかりと休むべきです。

しかし、ジョギング(有酸素運動)なら
筋肉はそれほど使わず
また身体を酷使しないため

筋肉や身体を長時間休ませる必要がなく
翌日には普通に行っても大丈夫!

その証拠に、僕は通算で20年くらい
病気のとき以外は雨が多少降っても
ほぼ毎日ジョギングをして
健康を維持しています。

ただ、毎日10km以上走るという人は
週に一度は「休養日」を作るのが
ベターだとは思いますが……。

スポンサーリンク

初心者はなぜ「一日おき」のほうが良い?

毎日走ったほうが効果的なら
「なにがなんでも毎日走りたい!」
と思うかもしれません。

熱意が溢れている方なら
当然そうしたいと思いますよね。

でも、待って下さい。
毎日ジョギングをしていい人には
条件があります。

あなたはこれまで
どんな運動経験がありますか?

  • 学生時代に運動部に所属していて
    体力にはかなりの自信がある
  • 趣味でテニスやフットサルをしている
    (それに類するハードなスポーツ)

そういった経験があり
実際に毎日走ってみて
まったく脚に痛みが出ない人は別です。

そうではなく
今までほとんど運動経験がない方が
急にジョギングを始めて毎日走ったら

「脚の筋肉、腱、骨」などに負担がかかり
きっとすぐに故障してしまうはずですよ。

ジョギングを毎日していいのは
「身体が運動負荷に耐えられる人」
だけだと思ってください。

消費カロリー量は毎日走った場合と比べて
一日おきでは「半減」になりますが
けっして無駄ではありません。

それよりも、怪我をして走れないどころか
通院する事態にもなりかねませんので

初心者で運動経験が(ほぼ)無い方は
素直に一日おきにとどめておきましょう。

関連記事

初心者の頻度については
こちらの記事でくわしく解説しています。

⇒ジョギング初心者にとって
理想的な頻度と距離とは? 

「毎日5キロ」VS「一日おき10キロ」、どっちが効率的?

まったくの初心者が仮に
3ヶ月~半年、ジョギングを続けたとします。

すると毎日5km程度なら走れるくらい
足腰に必要な筋肉がついて
衝撃や疲労にも強くなるでしょう。

すると、その後のステップアップを
どうするかで悩むかもしれません。

そのまま毎日5kmを走っていくのか?
それとも一日おきに10キロくらいまで
距離を伸ばして走ってみるか?

これについても選択基準になるのは
「どちらがダイエットには効率的か?」
という点ですね。

それでジョギングを毎日5キロするのと
一日おきに10キロするのでは
どちらが効率的なのかというと

消費カロリー量の観点から言えば
どちらもまったく一緒です!

両者に差はありません!

その理由は、月間走行距離に直せば
どちらも同じ距離を走ることになるので
消費カロリー量も同じになるからです。

ただ、平日は一切走らないで

仕事が休みになる土曜日・日曜日に
「平日分を含めた35kmをまとめて走る」

という極端なスケジュールを組むのは
せっかくの効果を薄れさせますので
お勧めできません。ご注意ください!

まとめ

さて、ここまでご紹介してきた
「毎日か、それとも一日おきが良いか?」
というその答えを
あらためてチェックしましょう。

  • 早く痩せたいならジョギングは毎日するのがベスト
  • 毎日走れば一日おきより消費カロリーは2倍になる
  • 初心者は大事をとって一日おきにする

初心者のうちは「毎日走ろう!」と
やる気満々でも、一日おきのジョグで
しばらくは我慢しておく。

そして、脚の痛みなど
まったく出ないくらいに
身体がジョギングに慣れた頃に

「毎日走ること」を解禁するのが
最善のルートだと思いますよ。

焦らずとも続けていけば
いつかは結果が付いてきます。
少しずつ地道に進んでいってください!

こちらの記事も多くの人に読まれています
関連記事

もし筋肉痛になったらどうする?

ジョギングで筋肉痛。痛くてもガンガン走るべき理由とは?
ジョギングで筋肉痛になった場合、どう対処したらいいか解説します。痛みがあっても走って良いのか、それとも休むのが正しいのか?、続けていけばやがてこの症状は出なくなるのか?、などジョギングで筋肉痛になってしまう人のすべての疑問にお答えしましょう!

関連記事

デブの人は走る前にチェックを忘れずに!

デブはジョギング?ウォーキング?怪我なく痩せる正しい選択
デブはジョギングとウォーキングのどちらがダイエット運動に適しているのか解説します。肥満体型だと走るのが大変で、嫌いな人が多いはず。歩くだけで膝に痛みが出ることも。そんなデブがジョギングとウォーキングのうち、痩せるための正しい選択と実践方法を大公開!

関連記事

一日おきでも足が疲れてしまう原因とは?

ジョギングで足が疲れる5つの原因。すぐ解決!改善法まとめ
ジョギングで足が疲れる原因を解説します。ふくらはぎ・太腿が重く感じたりダルくなったりするのは、シューズやコースの選び方、筋力不足や走行フォームに問題が!ジョギングで足が疲れる元凶を突き止めて、予防と改善のお手伝いをします。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
痩せるための走り方
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました