ジョギング後の飲み物は?疲れた体を癒やす飲料と摂取のコツ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

ジョギング後のベストな飲み物は?

ジョギング後には喉が渇きます。
特に真夏には恐ろしいほどの渇きが……。

そんなときに適した飲み物といえば

「シンプルに水?スポーツドリンク?
それとも、もっと他に適した飲料が?」

「お茶やジュースは?」
「コーラやアルコールはやっぱりダメ?」

ひとによって好みが分かれるので
その選択肢はたくさんあります。

スポーツの後の水分補給と言えば
やはり「スポーツドリンク」が定番ですが
あれだけ甘いとカロリーが心配……。

ダイエットのために走っているのに
余計なカロリーは歓迎できないですよね?

ここではジョギング後に飲むとしたら

  • どんな飲み物が最適なのか?
  • 量はどれくらい飲むのが適当なのか?

また、理想的な飲み方についても
くわしく解説していきます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョギング後の飲み物で最適なのは?

汗だくでジョギングから帰った後
喉がカラカラに渇いた状態で

キンキンに冷えたビールや
コーラみたいな炭酸飲料を
喉を鳴らしながら飲むと最高にうまい!

ただ、それはジョギング後の体には
あまり理想的とはいえません……。

体のためを思って飲むなら

■ジョギングを1時間以上行った後
■夏に30分以上走った後

⇒水で半分に薄めたスポーツドリンク

■ジョギングが1時間以下の場合

⇒水(水道水やミネラルウォーター)

これらがジョギング時間や季節に合わせた
体にとって適切な飲料になります。

正直、つまらないかもしれませんね。

しかも、味としてあんまり美味しくない
スポーツドリンクを更に水で薄めるなんて

キツイ運動をこなしたあとの
ご褒美としては「なんだかなぁ……」
と思うのも無理ありません。

でも、それにはこんな理由があるんです。

激しいジョギング後に「スポーツドリンク」が最適な理由

ジョギング後はスポーツドリンクで塩分補給でも、ちょっと待って!

1時間以上、ジョギングをする。

あるいは真夏の気温が高いときに
短い時間、ジョギングをする。

そんなときには走り終えると
大量に汗をかくのは避けられません。

その汗には微量の「塩分」が含まれています。

大量に汗をかいたあとでは
汗と共に失われてしまった塩分を
意識的に「補給する」必要が!

その状態で水だけを飲んでしまうと
「筋肉の痙攣」や更なる「脱水症状」に
見舞われる危険性があるんですね……。

夏場の熱中症がまさにそれが原因!

そこで出番になるのがスポーツドリンク!

ただ、ここでちょっと問題になるのが
スポーツドリンクの成分について。

一般的なスポーツドリンクには
「糖分が多い(=カロリーが高い)」
という欠点があります。

たとえば日本で最もポピュラーな
2つのスポーツドリンクの成分は
以下のとおりです。

■アクエリアス(コカ・コーラ)

  • 糖度・・・4.6%
  • 塩分・・・0.5g(0.1%)
  • カロリー・・・95kcal
■ポカリスエット(大塚製薬)

  • 糖度・・・6.7%
  • 塩分・・・0.6g(0.12%)
  • カロリー・・・125kcal

(※それぞれ500mlあたり)

運動後に大量に汗をかいた際には

  • 糖分濃度:2~3%
  • 塩分濃度:0.1~0.2%

上記の基準濃度が満たした飲料を
摂取するのが理想的なのですが

糖分については両方ともに
「倍以上」も含まれているんですね。

糖分はそのままカロリー量に直結するので
ダイエットにとっても大敵……。

ですから多少味が薄まってしまっても
水を足して「半分程度の濃さ」で飲むのが
ジョギング後の飲み物として
理にかなっているというわけです。

※冬にジョギングを1時間以上しても
気温が低くてほとんど汗をかかないときは
あえてスポーツドリンクを飲む必要はなく
水だけで十分です。

1時間以下のジョギングは「水だけ」でいい理由

逆に1時間以下のジョギングなら
スポーツドリンクは不要で
ただ「真水」を飲むだけでOKなんです。

これはどうしてかというと、これは単純に
「汗をかかない!」という理由から。

スポーツドリンクが必要となるのは
水分と一緒に塩分まで失われるからであり

汗をほとんどかくことがない
1時間以下のジョギングでは
あえて塩分補給する必要がないんですね。

実際、僕も夏以外は
ほとんど水しか飲んでいません。

6月下旬~9月中旬までの気温が高い期間は
30分走っただけでも大汗をかきますが

それ以外の季節だとほぼ汗をかかないので
シンプルに「水だけ」で十分です。

多少、汗をかいたとしても
一日三食の食事のなかで
必要以上に塩分を摂っていますので
そこから充てられる分だけで補えます。

ジョギング後の飲み物の適切な量は?

ジョギング後に「どれくらい」飲むのが理想的?

ジョギングによって失われる水分量は
体重や年齢や性別など個人差があり

また季節による気温の差によっても
変動するのが常識です。

ですから絶対的な基準はないわけです。

そこで自分自身の「水分消費量」を
計測する必要があるわけですが、それには

走る前に体重を測り
走った後にまた体重を測って
その差を計算すれば分かります。

たとえば

走る前の体重が60kgで
走った後の体重が59.5kgであれば

60kg-59.5kg=0.5kg(500ml)

ジョギングによって500mlの水分が
失われたと推測できます。

つまり、この運動前後の体重差の分が
ジョギング後に必要な水分量になるわけ。

ただ、この体重差の分すべてが
水分というわけではなく
「脂肪」が燃焼した分も含まれますので
この数値の80%分を摂るのがコツ。

体重差から500mlと分かったら
これに0.8をかけた400mlが
適正な摂取量と判断できます。

※この「汗をかく量」は季節(気温)で
四季折々に変化しますので
季節ごとにこまかく体重差を計測し
ご自分の理想摂取量を算出しましょう。
スポンサーリンク

ジョギングした後の飲み方のコツ

ジョギング後に必要な水分量が分かったら
即その量をゴクゴクしたいところですが
ちょっと待って下さい。

飲み物の摂取方法にもコツがあります。

人間が吸収できる水分には限界があり

  • 1度に摂取できるのは「約200ml」
  • 1時間ではトータル「800ml」が限界

このように考えられています。

これ以上、過剰に飲んだ分は吸収されずに
体外に排出されてしまうとか……。

ですから400ml飲む必要があるといっても
一度に飲んでしまうのではなく
「こまめ」に飲まないといけません!

正しく理想的な摂取方法は
15分毎に200mlずつ飲んでいき
1時間で800mlを飲みきるというペース。

喉が限界まで渇いているときは
500ml入のペットボトル飲料を
一気飲みしちゃいますよね?

でもこれはまったくの無駄な行為です。

時間を置いてこまめに飲む、これが大事。

飲んではいけない飲料一覧

ジョギング後に飲んではいけないのは「利尿作用」がある飲み物

ジョギング後には速やかな
水分摂取が求められます。

しかし「飲んだ量以上」の水分を
尿として排出してしまう飲み物が
意外に数多くあるんですよ。

その効果を「利尿作用」といい
カフェインとアルコールを含む飲み物が
その最たるもの。

利尿作用がある飲み物一覧

  • お茶(緑茶・烏龍茶・紅茶等)
  • コーヒー
  • ココア
  • アルコール類(ビール・ワイン等)

お酒やコーヒーを飲んで
トイレが近くなった経験がないですか?
あれこそ利尿作用そのものなんですね。

失われた水分を補給したいとき
このような飲み物は逆効果になるので
ジョギング後には避けてください。

関連記事
ジョギングした後にすぐシャワーを浴びると
脂肪燃焼がストップするというウワサが。

⇒走った後すぐシャワーは浴びてはいけない? 

まとめ

ジョギング後の理想的な飲み物や
どれくらいの量を飲めばいいか
ざっくりまとめますと

  • 夏や1時間走るときはスポーツドリンク
  • 1時間以下のときは水で十分
  • ジョギング前後の体重差で必要量を測る
  • 水分は200mlを15分毎にこまめに飲む
  • 利尿作用のある飲み物は絶対に飲まないこと

ずいぶんと長々と説明してきましたが
要点のこれだけを知っておけば十分。

僕は夏の間は粉末のスポーツドリンクを
規定の量よりもかなり薄めて飲み
秋~冬~春にかけては基本的に水です。

それも帰宅したらコップ一杯分を
グイッと一気に飲んでしまうだけ!

理想的とされる「こまめに飲む」という
かなり面倒な飲み方はしていません。

あまり細部にまでこだわって
規則通りやると疲れてしまうので
「ほどほどに」というのがいい塩梅かと。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングのエネルギー補給
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました