ジョギングだけのダイエットはNG!減量に必要な2つの習慣

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ジョギングだけやれば
ダイエットができるのでしょうか?

数あるダイエット方法のなかでも
かなりハードルが高いのがジョギング。

もし、始めるとしたら
ジョギング以外のことには
とてもじゃないですが
手が回らないですよね?

「ただジョギングだけすれば痩せる?」
「それだけじゃ痩せないと聞いたけど?」

こんな疑問を抱いて
二の足を踏む人が多いでしょう。

僕はジョギングをメインに実践して
5kgの減量に成功しました。

その成功体験をもとに
ジョギングだけでダイエットは成功するか
他に何か痩せるための必須条件はあるのか
自信を持ってお答えしていきます!

●ジョギングだけでダイエットは成功する?

ダイエットにはジョギングのような
「有酸素運動」が最適だというのは
今や誰でも知っている常識ですよね?

でも、本当に「ジョギングだけ」やれば
ダイエット効果があるのかどうかは
疑問に感じてしまうハズ。

そう、その疑いは当たっていて

ジョギングだけではダイエットは不可能!

残念ですが、これが真実なんです。

ただ闇雲にジョギングしただけでは
絶対にスリムな体にはなれません……。

確実に体脂肪を燃やして
体重を落とすためには以下の2つを
習慣として取り入れるのが必要ですよ。

・食事制限(摂取カロリーを減らすため)
・筋トレ(消費カロリーを増やすため)

では、それぞれがなぜ必要なのか
どうしてダイエットにプラスになるのか
ここからくわしく解説していきます。

●ジョギングだけじゃダメ!「食事制限」は絶対必須の条件

今現在、標準体重をオーバーしてる人は
同じくらいの背丈の人と比較すると
普段の食事量が絶対に多いはず。

仮に食事量が多くないとしても
高カロリーの食品が好きであるとか
他の理由でカロリー過多になっています。

そんな食生活のままジョギングを始めても
「カロリーの収支計算」において

摂取カロリー量>消費カロリー量

という歪な不等式になるんですね…。

これでは何百年走ろうが
いつまでも痩せることはありません!

たとえば「消費カロリー量」が
以下のような数値になると仮定して

・ジョギングで消費するカロリー量:3
・基礎代謝量:2

※「基礎代謝量」とは
体を動かさないでいても生命維持のために
自然と消費されるカロリー量のこと。

この両者を合計して
消費されるカロリーを「5」とします。

そして「摂取カロリー量」の数値が

食事で摂取するカロリー量:6

このような数値になったとします。

こうして両者を比較すると

合計の消費カロリー5<摂取カロリー6

ジョギングで燃焼されるカロリーより
食事から摂取したカロリーが
上回ってしまうわけです。

このように大食いをしていた場合には
必死にジョギングしたとしても
太ってしまうのは明白ですね……。
(※この数値はあくまで仮のものです)

「だったら食べたカロリーより
多くのカロリーを消費するために
もっとジョギング量を増やせばいい!」

と考える方もいるかもしれません。

しかしジョギングで消費されるカロリーは
一回あたりでは、ほんのわずかな量。

初心者が毎日長時間を走るのは
体力的にも足腰への負担面からも
現実的に「不可能なこと」なんですよ。

ですから、摂取カロリーを減らすことが
ジョギングでダイエットを成功させる
絶対必須の条件になるわけですね。

●ジョギングにプラスしたい簡単な筋トレ

基本的にはジョギングをしつつ
食事制限を合わせていけば
時間はかかるかもしれませんが
確実にダイエットは成功します。

ただ、その「時間」を短縮したいならば
そこに筋トレをプラスするのが得策です。

ジョギングに筋トレをプラスする理由は

・筋トレ後にジョギングすると
消費カロリー量がアップするため

・筋肉が増えると基礎代謝量が増えるため

この2つのメリットがあるから。

僕自身は、運動はジョギングだけを行い
ほどほどに食事制限をして
半年ほどで5kgの減量に成功しました。

しかし、いま思えば
そこに筋トレもプラスしていたら
もっと時間を短縮してスムーズに
体重が落ちていたと思います。

でも、筋トレが有効という情報を
知ったのはずっと後になってからでした。

もっと早く知っていればなあというのが
正直なところで後悔もあるんですね……。

なので、いまからジョギングを始める方は
ジョギングに簡単な筋トレを
プラスアルファとして付け加えることを
強くお勧めしたいところです。

●簡単な筋トレで「ジョギングだけダイエット」を加速させよう!

まったく筋トレに縁のない方は
「筋トレ」と聞くだけで「ムリムリ~」と
拒否反応を起こすかもしれません。

きっとボディビルダーが行うような
ベンチプレスなどの専用器具を使う
ハードなイメージが強いからでしょう。

でも、ご安心ください。
そんなキツい運動だけが
筋トレではないんです。

僕がジョギングにプラスする筋トレとして
お勧めするのがこちらの4つのメニュー。

・スクワット
・レッグランジ
・腹筋
・腕立て伏せ

どれも自宅のリビングで
ひとりで道具(ウェイト)を使わずに
怪我なく安全に行える運動ですよ。

このメニューのなかから
1~2個ピックアップして
ジョギング前にそれぞれ10回ずつでも
手始めにトライしてみては?

最初は10回すらキツいかもしれませんが
次第に慣れていくにしたがって
20回~30回と出来るようになりますよ。

僕はこのなかで腕立て伏せを
週に1回は行っていますが
今では休憩を挟みつつ100回はできます。

また、ジョギング中に公園に立ち寄って
十分な高さのある鉄棒を利用して
「懸垂」を行うのもいいと思います。

まとめ

もしも僕が友達から
「なにかいいダイエット方法はない?」
と訊かれたとしたら

「ジョギング!」と即答したいですが
そのあとに以下の注意点を
付け加えないといけませんね……。

・ジョギングだけではダイエットは不可能
・食事制限を同時に行うべき
・筋トレも合わせて行うと効果的

そうなんです、
ジョギングだけでは痩せないというのが
永久不変の定理なんですね。

いくらヒーヒー言いながら
ジョギングをがんばったとしても

毎日、ビッグサイズのハンバーガーに
山盛りのフライドポテトを付け合わせ
Lサイズのコーラを飲んでいたら
その努力は水の泡になるでしょう……。

どうせジョギングをするなら
食生活を根本から見直す。

そして、ちょっと余裕が出てきたら
軽い筋トレも加えてみる……
これがダイエットへの近道ですよ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングでカロリーを消費するコツ
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました