ジョギングが飽きないコツ!退屈しないで走れる4つの秘訣

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ジョギングで走り始めてから
まだ5分も経っていないのに
もう「飽きた」と感じてしまう……。

好きな音楽を聴きながら走っても
つまらない気持ちが抑えられない……。

「飽きたぁ~~~、もうやめたいよ~」

そんな気持ちを我慢しながら走るのは
もはや苦行に近いですよね……。

もともと飽きっぽい性格の人はもちろん
わりと忍耐強い性格の人でも

ジョギングみたいな単調な運動だと
長く続けられない人が多いようです。

そこで、20年以上も飽きずに
ジョギングを継続している管理人が
飽きないコツをアドバイスしましょう!

●ジョギングが飽きないコツ4選

当ブログの管理人である僕は
通算で20年以上もジョギングを
せっせと飽きずに継続しています。

それも毎日走るという勤勉さ!

今はジョギングが楽しくて
「飽きる」気持ちは微塵もありませんが

始めたばかりの頃は同じように
「つまらない」気持ちと戦っていました。

でも、続けていく中で
ジョギングを飽きないで走るコツが
だんだんと分かってきたんですね。

それがこちらの4つの秘訣です。

1. 周回コースを走らない
2. ジョギングコースを複数用意する
3. ランニングウォッチを付けて走る
4. 一度に走らないで分けて走る

単純ですが効果はバツグン!
ここからそのくわしい方法について
解説していきましょう。

●周回コースを走らない

僕がジョギングを始めた当初は
近所にある小学校の校庭のトラックを
えんえんと走っていました。

小学校のトラックは一周200mしかなく
そこを何十周と寡黙に走り続けるのは
あまりにも単調で退屈に感じられて

いつも5周目を過ぎたあたりで
心が折れそうに……。

学校のトラックや
公園のジョギングコースなど
一周の長さはそれぞれ違いますが

同じところをグルグルと
何度も繰り返し走るコースを
「周回コース」と呼びます。

周回コースを走るのは

・自動車が通らず安全
・音楽を聴きながらでも危なくない
・防犯上も安全

といったメリットがあります。

しかし、同じ場所を15分、20分と
ハムスターの回し車みたいに

「飽きないで走り続けろ!」

というのは土台無理な話。

これが一般道のコースならば

・住宅街や商店街
・郊外の田園や森林

など風景が次々と変化していくので
気分的に飽きることがありません。

公園などの周回コースしか走らない!
と堅く決めて思いこんでいる人は

一旦その固定観念を壊して
新しい自由な外の道を走ってみましょう。

●ジョギングコースを複数用意する

いやいや、周回コースではなく
いつも普通の一般道を走っているけれど
それでも飽きてしまう……

という方にお尋ねしたいのですが
いつも走っているジョギングコースは
たったひとつの道順に決めていませんか?

たとえば

自宅から走り出したら
住宅街を抜けて、川べりへ出て
大きな橋のたもとで折り返して
自宅へと帰ってくる……

といった順路のように。

これを繰り返しているとしたら
毎回まったく変化がないので
飽きるに決まっていますよ。

特に毎日ジョギングする人は
判で押したような繰り返しになるので

ジョギングコースはひとつに決めないで
「複数」用意するようにしましょう。

僕自身、ジョギングを続ける中で
少しずつジョギングコースを開拓していき
今では5種類のコースを確保しています。

これを「日替わりメニュー」のように
その日の気分によって
毎日コースを変える工夫をしています。

それも時間の経過とともに
通る道を意識的に変えてみたりして
マイナーチェンジを繰り返しながら。

●ランニングウォッチを付けて走る

『マリオカート』という
任天堂のゲームをご存じでしょうか?

マリオカートはレースゲームであり
カートを操作して同じコースを周回し
最短タイムを更新するのが目的です。

同じコースを何度もプレイするのは
普通であれば飽きてしまうもの。

しかしここに「タイムアタック」という
競技要素が加わると一転します。

これを毎日のジョギングに
取り入れてみたらどうなるか?

それにはランニングウォッチが必要です。

ランニングウォッチを付ければ

昨日は1kmを7分台で走ったから
今日は1kmを6分台で走ろう!

と言った風にその日の目的が
「数字」として設定できます。

実際、僕自身も
ランニングウォッチを買ってから
ジョギングがより楽しくなりました。

ただ「のんべんだらり」と走るよりも
目標があるだけで違うものですよ。

●一度に走らないで分けて走る

たとえばジョギングする目標を
1日20分と設定している場合。

20分を一度に通して走ろうとしても
10分で飽きてしまう人がいたとして。

その場合、飽きたところで止められるよう

10分走×2回=1日20分間のジョギング

と2回に分けて走ったらどうでしょうか?

そもそもジョギングに限らず
どんな運動も「細切れ」に行ったところで
脂肪が燃える効果は落ちません。

ですから何も一度に全部走る必要は
まったくないというわけなんですね。

朝に10分走って、夜10分走る

というスケジュールならば
長時間走り続ける必要がないので
飽きないで実践できると思います。

●ヒトが「何かに飽きる」理由とは?

そもそも人間が「飽きる」のは
どんな理由があるかというと

■脳は「初めての経験」に
喜びを感じやすいため

■同じことを続けると
脳みそが疲れる=飽きるため

■同じことを繰り返すより
「新しいこと」に挑戦したほうが
より種を発展させることにつながるため

このように「脳の性質」と
「生物としての本能」によって
人間は飽きるように作られているんです。

ゴルフやスキーなど
他のスポーツが飽きにくいのは

タイムを競うなど競技性が高く
イレギュラーな要素が多く
スコアという結果がついてくるから。

ジョギングは単純な繰り返しだから
先の展開が読めるし、変化が生まれない。
誰かと「勝ち負け」を争うわけでもない。

つまりジョギングという運動が
宿命的に抱えている飽きやすさを
工夫してカバーすればいいわけですね。

それがここまで挙げてきた
4つの飽きないコツに集約されます。

まとめ
僕はどんなに大好きな食べ物でも
2日連続で食べるのはイヤという
天性の飽き性。

そんな性格の僕でも今回ご紹介した
こちらの4つのコツを実践することで

1.周回コースを走らない
2.ジョギングコースを複数用意する
3.ランニングウォッチを付けて走る
4.一度に走らないで分けて走る

20年以上もジョギングを飽きないで
毎日楽しく続けることができています。

正確には上3つだけ実践し
「分けて走る」ことはやっていませんが。

ジョギングに飽きてしまうのは
あなただけではなく人間の性質からすると

「ジョギングは飽きて当然の行為である」

と言い切っても言い過ぎではありません。

なんとかあなたにハマる飽きないコツが
ここで見つかりますように!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングを継続する秘訣
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました