朝のジョギングはご飯の前に!体脂肪が燃えやすい理由とは?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

朝の清々しい空気を吸いながら
ジョギングする人たちは

・朝ご飯を食べてから走る派
・走った後にゆっくり食べる派

この2つに分かれると思います。

起きたばかりで食欲が無い人は
空腹のまま走るでしょうし

何か食べないとお腹がペコペコな人は
しっかり食事をしてから走るでしょう。

でも、ダイエット的には
朝ご飯の「前」か「後」か
どっちがいいのか疑問ですよね?

そこで、ここでは
朝イチでジョギングする場合の
最適なご飯を食べるタイミングについて
くわしく解説していきましょう。

●朝のジョギングはご飯の前と後のどっちが良い?

朝にジョギングをする人は
ご飯の前に走るのがいいか?
それとも食べたからいいか?

まず結論から言ってしまうと

⇒朝ご飯を食べる前がベスト!

これは100%間違いない事実ですよ。

それはなぜかというと
ご飯を食べる前に朝のジョギングをすると

体脂肪が燃焼しやすい=痩せやすい

この事実が実験によって
確かめられているからなんです。

ではどうして朝ごはん前のほうが
ダイエット効果が高く痩せやすいのか
くわしいメカニズムを解説していきます。

●朝ご飯前のジョギングが痩せやすい理由

こんな実験結果があります。

・ご飯の「前」に運動したグループ
・ご飯の「後」に運動したグループ

数カ月後、この両者を比較した場合
「ご飯前」に運動したグループの方が
体脂肪の減り方が多かったそうです。

その理由として考えられるのが
こんな違いがあるからです。

■朝ご飯前のジョギング
前夜の食事から時間が空いているので
体にはエネルギーがない状態であり

その状態(空腹)でジョギングすると
エネルギーとして体脂肪が使われやすい

■朝ご飯後のジョギング
朝ご飯がお腹に入っているので
ジョギングする際のエネルギーとして

「朝ごはん」がそのまま使われやすい
(=体脂肪が燃えにくい)

昔の人はよく「腹ごなし」として
食後に軽い運動をする習慣がありましたが

それは痩せるためには
あまり効果がないと判明しています。

朝にジョギングするなら
「ご飯を食べる前」を徹底しましょう!

●朝イチでジョギングする2つのリスク

朝のジョギングは朝ご飯を食べる前の
お腹がペコペコの状態のほうが
ダイエット効果が高いことは確か。

ただ、そうやって空腹で走るのは
2つの「健康上のリスク」があるんです。

ひとつが体の水分不足。

人間は寝ている間も汗をかくのですが
その量はなんと約500ml!

「コップ1杯分」以上の汗を
気づかないうちにかいているんですね。

ですから起きた直後は
軽い脱水症状を起こしているようなもの。

そこに何も飲まないでジョギングすると
脱水症状はおろか血液がドロドロになり
心筋梗塞や脳梗塞の原因にも!

命の危険に関わりますので
「コップ1杯の水」を飲んでから
ジョギングに出かけましょう。

もうひとつが低血糖の状態であること。

低血糖とは血液中の「ブドウ糖」が
きわめて少ない状態のことで

起床したばかりの空腹時には
誰しも低血糖の状態になっています。

さらに空腹のままジョギングをすると
その状態に拍車をかけることになり

「ハンガーノック」と呼ばれる
極度の低血糖状態に陥ります……。

それを避けるためには

・オレンジジュース
・スポーツドリンク

などをジョギングに出かける15分前に
少し口にするようにしましょう。

※飴やチョコレートなどは
吸収に時間がかかります。

●ご飯を食べないでジョギングできる?

朝ごはん前ということは空腹状態。

「お腹が空いたままで走れるかな?」

と不安に思う人もいるでしょう。
でも、それは意外と大丈夫!

僕はいつも夕飯前にジョギングします。

ですから昼食を食べてから
かれこれ7時間以上が経過していますが

それくらい間が空いていても
ジョギングには支障はないですね。

昼食後からジョギングをする間に
コーヒーや軽食を摂ったりしますが

がっつりした食事はしていないので
起床時とそれほど状況は変わりません。

もちろん、これには僕が
いつも5kmという短い距離しか
ジョギングしないという条件も
影響しているかと思います。

ただ、ご飯を食べて
しっかりエネルギーを補給しないと
ジョギングができないのは誤解ですので

ほんのちょっと糖分さえ補給すれば
5km程度の距離なら難なく
軽快に走り切ることは可能ですよ。

●「お米」と「パン」の朝ごはんでダイエット向きなのは?

朝ごはんの主食として
昔から「パン」を選ぶ人が多いですね。

僕もそうなんですが
1分1秒を争う忙しい朝でも

さっと用意できて、さっと食べられるから
味はともかくとして、パンを選びがち。

お米とパンのカロリーを比較すると

・食パン(6枚切り1枚)・・・約175kcal
・ご飯(お茶碗1杯)・・・約230kcal

このようにパンのほうが低いです。

もちろん、「おかず」の種類によっては
朝ご飯全体のカロリー量は変わります。

■食パンとおかずの組み合わせ
・食パン・・・約175kcal
・目玉焼き・・・約200kcal
・ヨーグルト(100g)・・・約70kcal
・コーヒー(ブラック)・・・約8kcal

合計・・・453kcal

■ご飯とおかずの組み合わせ
・ご飯・・・約230kcal
・卵焼き・・・約150kcal
・納豆・・・約70kcal
・味噌汁(豆腐)・・・約45kcal

合計・・・495kcal

ただし「腹持ち」はお米のほうが
パンと比べて格段に優れていますから

お昼ご飯までお腹が空いて
ついつい間食をしてしまう人は

「お米」を選んだほうがトータルでは
カロリーを抑えられるでしょう。

まとめ

朝のジョギングはご飯前がいいか
それとも後がいいかという問題。

その100%自信を持てる答えがこちら。

・朝ジョギングはご飯の前がベスト
・ご飯前のほうが体脂肪が燃えやすい
・走る前は水分と糖分を補給すること

僕は朝がめっぽう弱いので
「朝ジョギング」なんてムリですが
気分的には走るのに最高の時間帯ですね。

仕事に出かける前や
家族がまだ起きてくる前など
空いている時間の有効活用として

また、ダイエット効果を促進するために
ひとつがんばって走ってみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングのエネルギー補給
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました