ジョギングと足踏みの効果を比較。消費カロリーは倍の差が!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

「ジョギングをしたいけれど
太った体を他人に見られたくないから
外を走るのは抵抗がある……」

その気持ちはとってもよく分かります。

だから、その代わりの運動として
室内で「足踏み」をしたいんですよね?

足踏みは「その場ジョギング」とか
「エアランニング」・「エアジョギング」
とも呼ばれますが、どれも一緒のもの。

ただ、家の中で足を動かすだけで
脂肪が燃える効果があるのか
半信半疑なのは確かでしょう。

そこで、ここでは
ジョギングと足踏みを比較して
消費カロリーに差はあるのか?

どうしたら効果を高められるのか?

ジョギングと比べて勝るメリットや
逆に劣るデメリットなど
知りたいことをすべてまとめます。

PICK UP
▼ジョギングVS○○のまとめはこちら▼
ジョギングのカロリーを他の運動と比較!どっちが消費量が多い?

●ジョギングと足踏みを比べると効果に差はある?

ジョギングと足踏みの効果を比べると
同じくらいの効果があるのか?
それとも差があるのか?

とっても気になるところですが
結論からズバリ答えてしまうと

足踏みの効果は
ジョギングより明らかに劣る

というのが事実なんですよ。

効果というのは
「消費カロリー量の差」であり
つまり痩せる効果の差のことですね。

ですから、ジョギングの代わりとして
同じ時間だけ室内で足踏みをしても
同程度の効果は得られません。

●ジョギングと足踏みの消費カロリーを比較

では、ジョギングと足踏みでは
どれくらい消費カロリーが違うのか
確認していきましょう。

足踏みの消費カロリー量は

“ウォーキングと同等
またはウォーキングの1.4倍程度”

と言われています。

この推定値から消費カロリー量を
実際に割り出してみましょう。

どちらの運動も
体重が50kgの人を例に計算しています。

■足踏みを1時間した消費カロリー

⇒184kcal~258kcal

■ジョギングを1時間した消費カロリー

⇒436kcal

【注意点】
※時速4.5~5.1kmで
ウォーキングした場合のMetsの値から算出

※時速8km(初心者レベル)で
ジョギングした場合のMetsの値から算出

※小数点以下は四捨五入しています

この比較から分かるように

少なく見積もると
足踏みはジョギングの「半分程度」

多く見積もっても
足踏みはジョギングの「約60%」の
消費カロリー量しかありません。

数字上でこれだけ差があるように
ジョギングと足踏みをまったく同じ時間
実際に行ってみると

・疲労度
・汗のかき方(汗の量)

など体で感じる差は明らかですね。

もし足踏みをジョギング代わりに行うなら
「倍の時間」行う必要があるわけです。

正直言って時間効率の面から言えば
非常に劣ると言わざるをえません……。

●足踏みの効果を高めるには?

いくら足踏みがジョギングと比べて
消費カロリーの面で劣ると分かっても

なんらかの事情があるために
足踏みを選ばざるを得ない人もいるはず。

そんな場合に
少しでも足踏みの効果を高めるには

どうしたらいいか?というと
方法は2つありますよ。

(1)腕と足を大きく動かす

運動をするときには
体を大きく動かしたほうが

よりカロリーが燃焼しやすいのは
言うまでもありませんよね?

だとすれば足踏みを行う場合にも
意識して「腕」と「足」を
大きくしっかり動かしていきましょう。

コツとしては
腕は90度の角度に曲げて
前後に大きく振ります。

足は太ももが地面と平行になるまで
高く上げることを意識します。

また、姿勢も大事であり
猫背にならないよう背筋を伸ばして

腹筋に軽く力を入れて
ステップのたびに体がグラグラと
前後に揺れないようにしましょう。

(2)ステッパーを用意する

ぬかるんだ地面や
降り積もった雪の地面を歩くときは
パワーが必要になりますよね?

あれと似たような状態を作れるのが
ステッパーと呼ばれる器具です。

両足で左右のステップの上に立って
右、左、右、左……と
足に力を込めてステップを押し下げる

そんな風に使う器具なんですね。

ただの足踏みなら1時間でも余裕ですが
ステッパーを使った足踏みでは

両足にかかる負荷は相当なものなので
最初は10分や15分でギブアップ!

僕は家族が購入したのに使わなくなった
ステッパーをもったいないからと

テレビを見ながら
たまに使っていましたが
30分もやるとグッタリでしたよ……。

とても便利な器具なんですが
僕が使っていた商品は
ステップを踏みしめるたびに

ぎーーーこ、ぎーーーーーこ

と騒音が発生していたので
買う際はよく選んだほうがいいですね。

マンションに住んでいる方は特に
上下階に迷惑になりかねませんので。

●足踏みの2つのデメリット

ここで足踏みのデメリットで
消費カロリーが少ないこと以外の
2つを確認していきましょう。

■時間をかけないと効果がない!

ジョギングならば
30分も走れば十分に効果がありますが

足踏みで同じ効果を求めるなら
倍の1時間をかけないといけません。

■他人から苦情が出る可能性が!

マンションやアパートに住んでいる人は
家の中での運動は制限されます。

軽い足踏みであっても
階下に音や振動が伝わる場合もありますし

足踏みは1時間くらいは
長く続ける運動なので
「うるさい」と苦情が出ることも……。

また、生活空間を共有する家ですと
同居人から苦情が出るかもしれません。

<見出し>足踏みの4つのメリット

ジョギングと比較した場合
消費カロリーが少ないという
決定的なデメリットがあるものの

足踏みにはメリットが
けっこうたくさんあるんですよ。

■他人に見られることがない!

脂肪が揺れるほど太っていたり
ダイエット中だと思われるのが
なんとなく嫌だという人は
外をジョギングするのがイヤですよね?

その点、足踏みなら
誰にも見られず、こっそりと
自由に続けることができます。

■天気や時間を問わない!

ジョギングは雨が降ると
大抵の人は走るのを止めますし

女性は夜間や早朝は
身の安全を考慮すると走れません。

その点、その場で足踏みならば
夏ならクーラー、冬なら暖房のなか
室内の快適な環境で

他人に危害を加えられる恐れがなく
安全にいつでも行なえます。

■ながら運動ができる!

ジョギングが続かない理由として
「つまらない」ことを挙げる人も多く
性格的に向かない人もいるでしょう。

その点、足踏みなら
テレビを見ながらでも実践可能です。

30分のジョギングが辛い人でも
テレビを見ながら1時間の足踏みなら
あっという間に感じるかもしれません。

大音量で音楽を聴きながら、とか
スマホをいじりながらでも
家の中なので危険は一切ないですね。

■お金が一円もかからない!

ジョギングを始めるには
ジョギングウェアとシューズは
最低限必要になります。

両方を合わせると約2万円の出費。

その点、足踏みなら
室内でできるので裸足でいいですし

汗もほとんどかかないので
普段着のままでOK。

よって始めるにあたり
お金が一円もかかりません。

まとめ

ジョギングと足踏みの効果を
振り返ってまとめていきましょう。

・足踏みはジョギングより効果が劣る
・足踏みの消費カロリーはジョギングの半分程度
・足踏みの効果を高めるには大きな動作とステッパーがカギ
・足踏みにはメリットも多い

このようにダイエットの効率としては
ジョギングには劣るのは確実です。

でも家の中で行えるという点から
メリットもたくさんあるので
一概にはダメな運動とは言えませんね。

ただ、僕としてはジョギングを
強く強くオススメします。

運動をしたという
清々しい実感は屋内運動では
残念ながら味わえませんし

足踏みをいくらやったところで
楽しいと感じることはなくて

5年、10年と趣味として
長く続けられるものではないですから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングでカロリーを消費するコツ
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました