ジョギングは全身痩せする?腕・腹・尻の脂肪も落ちるワケ

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

ポッコリと突き出たお腹。
たるんでタプタプ状態の手足。
まんまるの顔は別人みたい……。

全身がまんべんなく太ってしまい
本当にヤバイ状態だから
ダイエットをしたいけれど

「ジョギングは全身痩せになるのかな?」

そんな疑問を持つ人のために

ここではジョギングをすると
体のどこが痩せていくのか?

どの部位から痩せていくのか?

など知りたいことをすべてまとめました!

PICK UP
▼ジョギングで期待できる「嬉しい変化」をまとめました▼
ジョギングダイエットの変化はいつから?実感に必要な期間

●ジョギングは全身痩せする運動?

「ジョギングすると痩せる」は
誰もが疑わない事実ですが

はたして「全身痩せ」するのかは
疑う人も多いと思います。

しかし、ご安心ください。

ジョギングは「全身痩せ」する運動です!

ただし、痩せる部位には順番があり

痩せたと実感しやすい部位と
なかなか痩せた実感しにくい部位がある

という見逃せない事実もあります。

それではここからくわしく
どうしてジョギングで全身痩せするのか

なぜ痩せやすい部位と
そうじゃない部位があるのかなど

分かりやすく解説していきましょう。

●ジョギングで全身痩せするワケ

ジョギングは「走る」運動だから
足しか痩せないと思っていませんか?

しかし、それは大きな勘違い!

ジョギングを含め、どんな運動でも

体を動かすと「ホルモン」が分泌され
そのホルモンが「皮下脂肪」に働きかけて

全身の皮下脂肪から
脂肪が溶け出すという仕組みなんですね。

ですから、足を動かしたら
「足だけ」が痩せるわけではありませんし

腕を動かしたら
「腕だけ」が痩せるわけではありません。

「ここだけをピンポイントに痩せたい」
と思ってもそれは無理なこと……。

ダイエットではよく
「部分痩せ・全身痩せ」と表現しますが

ハッキリ言って理屈上では
部分痩せは実現不可能な望みですよ。

●痩せていく部位の順番は?

ジョギングは全身痩せするとはいえ
脂肪が落ちて痩せていく過程には
「体の部位」ごとに順番があります。

それがこちらの順番。

■体の痩せていく部位の順番
1.腕(手首や足首、前腕)
2.ふくらはぎ
3.肩や上腕
4.太もも
5.胸
6.顔
7.お腹(腰回り)
8.お尻

なぜこのような順番になっているのか?

その理由として考えられるのが
「肝臓」から遠い順になっている説。

肝臓は人間の体にとって
とても重要なパーツであるために

「最後の砦」として守るために
肝臓から遠い部位から
脂肪を削ぎ落としていくというわけです。

この順番を逆転させると
「太りやすい部位」の順番になります。

優先的に脂肪で肝臓を取り囲んで
守りたいがためにそうなるわけですね。

「最近、太ったかも?」と感じやすいのは
お尻やお腹に肉がついて
ジーンズがきつくなったときや

メイク中に鏡を見ていたら
顔が丸くなったのに気づいたとき………。

しかし太ったと自覚して
ダイエットのためにジョギングをしても

他人に見られやすく目立ちやすい部位の
お腹・お尻・顔が痩せるのは最後のほう。

思いつきでジョギングを始めて
最初に腕や足が細くなってきたところで

「手足の脂肪が落ちただけ!」
「お腹やお尻がぜんぜん痩せない!」
「ジョギングは全身痩せしない!」

と、投げ出してしまったら?

そう、手足だけは細いのに
お腹やお尻がでっぷりと太ましい
いわゆる「洋ナシ体型」のような

理想的とはいい難い
バランスの悪い体型になってしまう……

そのようなケースもあるんですよ。
気をつけたいですね。

●「痩せた」と実感しやすい部位は?

僕は以前、ジョギングをすることで
5kg程度のダイエットに成功しました。

その個人的な経験から言うと

・お腹/お尻は痩せやすかった
・手足は痩せにくかった

という記憶があります。

これは先ほどご紹介した
「痩せやすい部位の順番」とは
完全に真逆の結果ですよね?

どうして、こんな実感があったかというと
それは各部位についている「脂肪量」の
多い少ないが影響しています。

太ったと実感しやすい「お腹とお尻」は
相対的に脂肪量が多い部位

太ったと実感しにくい「手足」は
相対的に脂肪量が少ない部位

このように脂肪量に差があるため
同じだけ体脂肪が落ちたとしても

・お腹やお尻は効果を実感しやすい
・手足は効果を実感しにくい

という人間の感覚的な差が
出てしまうというわけですね。

まとめ

ジョギングで全身痩せはするのか
あらためてふりかえると 

・ジョギングは全身痩せする運動である
・体の部位には痩せていく順番がある
・お腹やお尻は痩せたと実感しやすい
・手足は痩せたと実感しにくい

このように確かに全身痩せしますし
基本的に全身が平均的に痩せていきます。

ジョギングすると
走るために最低限必要な筋肉が
自然と備わっていきます。

もともと手足は痩せたと実感しにくい上に
さらに多少は筋肉で増量されるため

いくら腰回りがほっそりとしても
ジョギングで全身痩せはムリ!
と思ってしまう人も多いかもしれません。

ただ、なかなか実感しにくくても
確実に体脂肪は燃焼され細くなりますので

目先の結果にとらわれず
続けてみることをオススメしたいですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングでカロリーを消費するコツ
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました