ジョギングにスタミナ作りの効果は?実践者が知る残酷な事実

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

全く同じスケジュールで全く同じ作業をしていても
いつまでも動ける人と、すぐ疲れてしまう人がいる。

あなたは後者の「すぐ疲れてしまう人」グループに
入ってしまいますよね?

それって要するに
「スタミナの有る無し」の差
なんだと思います。

スタミナたっぷりの人はたぶん
学生時代に体育会系の部活をやっていて
しっかりとした下地があるから
ハードな仕事にも音を上げないのでしょう。

「あんなスタミナが自分も欲しい!」

そう思ったときに手軽に始められる運動として
真っ先にジョギングが候補に挙がります。

そこで問題なのが本当にジョギングで
自分が求める「スタミナ」が付く効果があるのか?
また、どんな走り方をすればいいのか?
ということですよね。

ここでその疑問を解消し
スタミナアップに励んでください。

ジョギングにはスタミナを付ける効果はある?

さて、まず肝心のジョギングをすれば
スタミナが付く効果があるかという問題について。

こちらについては
誤解を生む言い方かもしれませんが

ジョギングではスタミナはつきません!

はい、そう断言して構わないと思います。

これはスタミナという言葉を
どう捉えるかという問題に関わってきますので
ちょっと説明が必要ですね。

たとえば仕事が連日、残業続きでも
週末まで乗り切れる「何か」が欲しい人は
ジョギングをすればいいでしょう。

その「何か」はスタミナというより
広範な意味を持つ「体力」という言葉が適切です。

しかし、「スタミナ」を強い言葉として捉え
精力的に動き続けるようなイメージを持つ場合は
ジョギングでは用が足りません。

そのあたりについて、これから
突っ込んだ説明をしていきますね。

スタミナをつけるならダッシュ練習を

これは僕の勝手なイメージかもしれませんが
「スタミナのある人」と言う時、思い浮かぶのが
サッカー日本代表の長友佑都選手です。

90分間、ピッチを走り回っても
まったく尽きることのないスタミナ。

また、昔のソニーのウォークマンで
バッテリーが長持ちする商品を
特別に「スタミナウォークマン」と呼んでいたのも
強くイメージに残っています。

そんなイメージから、全力で運動を続けられることを
「スタミナがある」という表現をすべきだと思うんですね。

具体的に言えば、エレベーターを待っていて
いつまでも降りてこないから
しびれを切らし、上階まで躊躇なく
階段を駆け上がってしまうようなパワー。

こういうパワー(スタミナ)は
何年ジョギングを続けてもつきません。

つまり効果はゼロということです。
これは僕が20年以上もジョギングを続けてみて
実感したことなので確かです。

そういったスタミナをつけるには
ジョギングよりももっと運動強度の高い
「ダッシュ練習」をするしかありません。

瞬間的に強い力を、できれば長い時間
高レベルで保ちたいと思うなら
ゆっくりダラダラ走るジョギングよりも
短距離を全速力で走るダッシュが向いています。

マラソンの金メダリストが100m走では遅いように
100m走の金メダリストがマラソンでは遅いように
両者は同じ走る行為でも「必要な能力」が全く違うんですね。

スタミナを付けるための練習メニュー

ではここからはスタミナを付けるために
誰でも出来る簡単な練習メニューをご紹介していきます。

■スタミナをつける練習メニュー
・坂道を全力ダッシュで登り切る
・公園等の周回コースを全力で一周する
・100mを全力ダッシュする
・ジョギング後の疲れた状態でダッシュをする

ジョギングが心拍数を抑えた運動に対して
スタミナをつけるには心拍数が上がるような
全力での運動をすればいいわけですね。

それには全力でのダッシュが最適です。
これを5回くらい繰り返しましょう。

僕は普段、ジョギングのみをしているために
階段を上ると息切れをしていました……。

そうか、そういうスタミナは
ジョギングでは養われないのか…と気づいて
それから週に1回は近くの丘陵地へ行き
坂道ダッシュと階段を駆け上がるトレーニングをしています。

どれくらい続ければスタミナが付いた実感が湧く?

先ほどご紹介したメニューから
どれか1つ~2つを選んで
週に1回でも実践してみてください。

最初はなかなか効果は実感できませんが
2~3ヶ月くらい怠けず続けていけば
自然とスタミナがついてきます。

僕自身、駅のエスカレーターが混んでいると
率先して階段を上ってしまいますし
息だって全く上がりません。

それもほんの2~3ヶ月間、坂道ダッシュや
階段を駆け上がる練習をしただけで、この効果。

こうしたスタミナにプラスして
体力もつけたいとお考えなら
一緒にジョギングも行っていくといいですね。

体力をつけるジョギング方法はこちらをご覧ください。

<※ジョギング体力効果にリンク>

まとめ

スタミナをつけるために
すでにジョギングをしている方には
こんな事実は驚きだったかもしれません。

・ジョギングに「スタミナ」をつける効果はない
・スタミナをつけるにはダッシュ練習をする
・体力も合わせて付けるならジョギングを併用する

いくらジョギングをしても100m走は速くならないし
いくら100m練習をしてもジョギングは速くならない
これはあえて言うまでもない真理です。

もしスタミナをつけたと思っているなら
残念ながらジョギングという運動は不向きですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングに必要な体力と筋力
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました