ジョギングでのスマホの持ち方は?安全に携帯する3つの方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ジョギングするとき安全&邪魔にならずスマホを携帯する方法

片時もスマホが手放せない人は
それがジョギング中であっても
家に置いたままなんてムリですよね?

それにランニングウォッチの代わりに
「ランニングアプリ」を使う人は
スマホが必須なのは当然の話。

ただ、そうはいっても
最近のスマホは画面が大型化しており
手に持って走るのはさすがに邪魔……。

そこでジョギングでスマホを持つには
どんなグッズを活用すればいいのか

安全に携帯する3つの方法を
ご紹介していきましょう。

あなたにピッタリくる持ち方が
きっと見つかるはずですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョギングでのスマホの持ち方は3パターン

ジョギング中にスマホを持参したいなら
選択肢はこの3つになります。

  1. アームバンド
  2. ランニングポーチ
  3. ジョギングウェアのzipポケット

この3つはそれぞれ長所と短所があるので
ランナーの中でも持ち方は分かれます。

聞き慣れないグッズやワードがあって
「?」と疑問がいっぱいだと思うので
ひとつずつ分けてご紹介しましょう。

安定感が抜群のアームバンド

路上ですれ違うランナーのなかに
上腕部に電源が入ったスマホを固定して
走る姿を見かけたことがありませんか?

あれが「アームバンド」の正体。

腕にガッチリと固定されるので
いくら速いペースで走ったところで
揺れるということが絶対ありません!

それにアームバンド(ケース)に
スマホを入れた状態のまま
指紋識別やタッチ操作も可能。

余計なキーホルダーや飾りが付いていない
家の鍵も一緒に収納可能です。

アームバンドの悪い点
  • 腕に密着するので汗でむれる
  • 防水スマホでないと故障する可能性あり
  • 片腕に装着するのでバランスが崩れる
  • 走りながら操作がしにくい

アームバンドの最大の欠点は
汗でむれてしまう点でしょう。

しっかり固定されるがゆえに
腕とアームバンドの隙間がなくて
その間に汗をかいてしまいます……。

神経質な人はかなり気になるところ。

荷物がいっぱい入るランニングポーチ

ランニングポーチとは
腰に装着する小型のポーチのこと。

昔風に言えばウェストバッグですが
それはちょっと古い呼び方ですし

「走る専用」として設計されているので
ランニングポーチが正式な名称です。

ランナー以外にウォーキングする人も
ランニングポーチを付けている姿を
見かけることが増えてきました。

ランニングポーチなら
大型のスマホでも余裕ですし

ジャラジャラした家の鍵も
問題なく収納できますよ。

その他にもお金(小銭も)や
Suicaなどの電子マネーはもちろん

長距離を走る場合には
エネルギー補給のためのゼリー飲料や
500mlのペットボトルも入れられますね。

ランニングポーチの悪い点
  • スマホがポーチの中で暴れてしまう
  • 走るのに少々邪魔になる

ランニングポーチの欠点としては
モノがたくさん入る反面
ポーチ内部に隙間があるために

スマホが走る動作に合わせて揺れるのが
人によっては気に障るかもしれません。

それに腰にポーチという異物があるのは
慣れるまではかなり邪魔に感じますね。

そういった欠点を嫌う人は
「スパイベルト」という細長いベルト状の
ウェストバッグを使う人もいます。

ランニングポーチのように
様々なグッズは収納できませんが

その分、体に装着している感覚が薄く
走るのに気が散りません。

スポンサーリンク

スマホだけならウェアのzipポケット

ジョギングウェアに付いているジッパー付きポケット

シンプルにスマホだけ持って走ればいい人
それも走っている途中で
頻繁にスマホを見る必要がない人は

ジョギングウェアに付いている
「zipポケット」に入れるのがベストですね。

zipポケットとは簡単に言えば
「ジッパー」がついたポケットのこと。

普通のジョギングウェアのポケットは
ジッパーが付いてないものが多いですが

意識して探してみると
zipポケットがついた商品があります。

zipポケットの悪い点
  • 揺れると体に接触して邪魔に感じる
  • スマホの重さを感じやすい
  • スマホが入らない場合もある

ランニングパンツのポケットに
スマホを入れて走ってみると
膝に擦れるような違和感があります。

慣れの問題と言えばそれまでですが
最後まで慣れない人もいるでしょう。

それにポケットのサイズによっては
お持ちのスマホが入らない場合も。

購入される際にはご注意を。

ジョギングする人のスマホ所持の実態

公園でジョギングするランナーたちはどうやってスマホを携帯しているか観察してみると?

実際のところ、世間のランナーたちは
スマホをどうやって携帯しているのか
その実態が気になりますよね?

多数のランナーがジョギングにいそしむ
公園のコースを走ってみると

僕の見立てでは

  • アームバンド派・・・ごく少数
  • ランニングポーチ派・・・ちらほら
  • ウェアのポケット派・・・不明

さすがに直撃インタビューをして
「スマホをどうやって持っていますか?」
とは聞けませんので、あくまで目測。

ポケットに入れて走っている人は
外から見ても分かりませんが
一定数はいると思われます。

ただしかし、ランナー全体で見ると
スマホ持参でジョギングする人の割合は
かなりの少数派だと思いますよ。

初心者の頃は短い距離しか走らないので
スマホを持っていても気になりません。

でも長い距離を走るようになる
中級者以上のランナーにとっては
できるだけ軽装で走りたいのが本音。

そうなるとスマホではなく
ランニングウォッチを付けるのが普通で
スマホは家に置いて走る人が増えますね。

僕自身もランニングウォッチを買ってから
スマホを持つことは無くなりました。

もちろん、仕事などの都合で
つねに連絡が取れる状態にないと
支障がある人はスマホが必要ですが……。

関連記事
なっぜスマホではなく
ランニングウォッチの方がいいのか
6つのメリットを解説しています。

⇒ランニングウォッチを持つメリットとは? 

まとめ

ジョギングでのスマホの持ち方を
あらためてまとめると

  • アームバンド
  • ランニングポーチ
  • ジョギングウェアのzipポケット

この3つが代表的な方法です。

どうしてもスマホが手放せない人には
個人的にはランニングポーチがおすすめ。

なるべくシンプルで小さめのポーチなら
腰に付いていてもそれほど
「うっとうしい」と感じませんから。

ただ、走りながらタイムを確認しようと
ポーチから出し入れすると
地面に落とすミスをしがちです。

必ず信号などで立ち止まったときに
落ち着いて確認しましょう。

走行中のスマホ確認は
交通事故の原因にもなりますので……。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギンググッズ
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました