ジョギングで腰痛に?今すぐデキる3つの対処法をすべて解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約7分で読めます。

腰がイタタタタタタ……

腰痛を感じたことなんて
これまでの人生で一度もなかったのに

ジョギングを始めてから
初めて腰痛の辛さを知った……。

これってやっぱりジョギングが原因?

そうとしか思えないけれど
だとしたらジョギングは止めるべき?

……こんなふうに
ジョギング後の腰痛に悩む人が
多くいらっしゃると聞きます。

そこで今回は
ジョギングと腰痛の関係について

・ジョギングが腰痛の原因になるのか?
・即刻ジョギングを中止すべきか?
・どうしたら痛みを取り除けるか?

などなど腰痛に悩む人に
役立つ情報をまとめていきます。

●ジョギングと腰痛の関係とは?

そもそもまずジョギングは
本当に腰痛の原因になるのかという
根本的なクエスチョンですが

Q. 腰痛の原因はジョギングにある?

A. ジョギングが原因である可能性が
「非常に高い」といえます。

走っている途中や走り終えた後に
「あっ、痛い……」となるとしたら

その原因はジョギングにあると思って
ほぼ100%間違いないでしょう。

次に腰痛になった場合の対処法ですが

Q. 腰痛を改善するにはどうすれば良い?

A.今すぐデキる対処としては

・「基本的な準備」を整える
・ジョギングフォームを矯正する
・走る距離/頻度/スピードを見直す

の3つがあります。

改善対策は「なぜ痛みが出るのか」という
ひとりひとり違う原因によって
対処すべきポイントが分かれます。

そして、腰痛が続いていたら
「ジョギングをして良いか?」ですが

Q. 腰痛の状態で走っても平気?

A.対策を講じてみても
腰痛が治まらない場合は
すぐにジョギングを中止すべきです。

今回この記事でご紹介している
対処法を試してみても

一向に痛みが治まらない場合は中止し
病院で診察を受けるべきですよ。

●なぜジョギングすると腰痛を引き起こすのか?

まわりを見渡してみると
家族や職場の知り合いなどで
腰痛を訴える人はたくさんいますよね。

ただ、そうした人たちに聞いても
「◯◯のせいで腰痛になった!」と
ハッキリ答えられる人は少ないはず。

それもそのはずで
腰痛の直接的な原因が特定できるのは

全体の「15%」とわずかであり
残りの85%は原因不明なんだそうです。

ただジョギングの場合は
明らかに走った後に痛みが出るので
元凶はジョギングに間違いありません。

なかでも初心者ランナーに
腰痛を訴える人が多いところを見ると

・基本的な準備を怠っている
・ジョギングフォームを間違えている
・オーバーワークになっている

この3つが原因と推測されます。

では、どうすれば原因を取り除き
腰痛を改善できるのか
ここから解説していきましょう。

●ジョギングで腰痛を感じたときの3つの対処&改善方法

僕自身もそうだったので
あまり強くは言えないのですが

初心者のランナーたちは
ジョギングを甘く見ています。

軽い運動だからといって
ほとんど予備知識なしで始めてしまい

そこで何らかの故障をして
初めてハウツー本を開いたり
ネットで調べたりするもので……。

■腰痛の対処方法その1.
⇒基本的な準備を整えよう

腰痛がするということは
なんらかの理由によって負担がかかり
腰が「SOS」信号を出しているから。

その負担のひとつになるのが
「ジョギングシューズ」のチョイスです。

まさか普通のスニーカーで走ったり
サイズが合わないシューズで
我慢しながら走ってはいませんよね?

そうした足にフィットしないものや
クッション性のないものを履いていると
体全体に影響が及びます。

まず基本的な靴選びから見直しましょう。

また「ジョギングコースの選び方」でも
足への負担、ひいては腰への負担に
大きく影響を与えてしまうもの。

たとえば一例として
坂道が多いコースだとか
砂利道が多いコースなどですね。

すぐに初心者に向いたコースを選び直して
走る道もカイゼンしましょう。

※ジョギングシューズの選び方と
初心者向けコースの選び方にリンクする

■腰痛の対処方法その2.
⇒ジョギングフォームを改善しよう

普段の生活でも猫背の人や
椅子に浅く腰かけて座る人などは
腰痛を覚えやすいものですよね?

それと同様にジョギングでも
フォーム(姿勢)が崩れていると
その歪みは腰へと集中してしまいます。

もっとも多い間違いが
「猫背」の前傾姿勢で走っていること。

何もお手本を見ずに
自己流でジョギングを始めたという人は

ここで一旦それを全部忘れて
一から正しいフォームを学びましょう。

※正しいジョギングフォームへリンクする

■腰痛の対処方法その3.
⇒オーバーワークになっていないか見直す

まだジョギングを始めたばかりなのに
体が負荷に対応できないくらいの
長い距離を走っていたり
過剰な頻度で走っている……。

また、ありがちなのが
数ヶ月後のフルマラソン出場を目指して
オーバーワークぎみになっている……。

腰を酷使しすぎて無理がたたり
腰痛という形をとって現われます。

その腰痛は体があげる「悲鳴」そのもの。

たとえば一回に10km走っているなら
半分の5kmに抑えてみたり

毎日ジョギングしているなら
一日おきに頻度を減らしてみたり

1km5分のスピードで走っているなら
1mk6分に落としてみるなど

自分の体と相談しながら
それまでの高負荷のジョギングをゆるめ
腰痛が治まるか確かめてみましょう。

●ジョギングが原因の腰痛で望ましくない治療方法

以上、ここまでにご紹介した
腰痛の改善方法を試してみたり

しばらくジョギングを休養してみて
腰の様子を注意深く観察しても
まだ痛みが治まらない場合もあります。

そんなときは素直に病院へ行って
医師の診断をあおぎましょう。

腰痛になる多くの人が
街のあちこちで営業している
以下のサービスを利用しますよね?

・マッサージサロン
・整骨院
・整体(カイロプラティック)

しかしこれらはあくまで対症療法であり
一時的に痛みを取り除く効果しかなく
原因療法からは程遠いものです。

※対症療法とは?
痛みに対して鎮痛剤を与えるなどして
症状を軽減するための治療法のこと。
「対処療法」とも表記する。

※原因療法とは?
病気や痛みの原因自体を
取り除く治療法のこと。

素人判断ではジョギングが原因だと
軽く見てしまうものですが
なかには深刻な病気が隠れていることも。

■腰痛の裏に隠れる病気
・椎間板ヘルニア
・腎結石
・十二指腸潰瘍
・膵炎

これらの長期的な治療が必要になる
「内臓系の病気」である可能性も
わずかながらあります。

くれぐれもご自身で判断されないよう
ご注意ください!

●【体験談】ジョギングで腰痛が100%解消!

ここまでジョギングには
腰痛を引き起こす原因になることを
お話してきました。

しかし、その逆に
ジョギングで腰痛が治ることだって
なかにはあるんですよ。

そのソースは僕自身。

僕は20代の頃、一時期ですが
数ヶ月に一度くらい腰痛の波が訪れ

立ったり座ったりするたびに
「うっ」と腰に手を当てていたものです。

その頃はちょうど
10代からスタートしたジョギングの習慣が
生活環境の変化で途絶えていました。

そして、あるきっかけから
ジョギングを再開したところ

ふと気付いたときには腰の痛みが
台風が通り過ぎたあとの空のように
キレイさっぱり消えていたんです!

デスクワークのような坐り仕事だとか
腰に負担がかかる肉体労働をしている人が
ジョギング程度の軽い運動を行う。

そうすると適度にストレッチになり
腰の緊張をほぐすことになるので
腰痛の改善や予防になるのだと思います。

まとめ

ひどい腰痛に悩まされている方には
ジョギングは腰痛の原因になることを

よく理解していただいたうえで
以下の3点の改善に努めてみてください。

・「基本的な走る準備」を整える
・ジョギングフォームを矯正する
・走る距離/頻度/スピードを見直す

そして、これらを試しても
まだ治らない場合には
すみやかに病院で診察を受けましょう。

腰痛の場合は通常「整形外科」にかかれば
対応してくれますよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングでの負担対策
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました