ジョギングは走り続けられないと痩せる効果がゼロって本当?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

「ゼェ、ゼェ…」と荒い息を吐きながら
路上で立ち止まり、両手を膝につく。

ほんの5分とか10分とか
わずかな時間をジョギングしただけで

すぐに息が上がってしまい
長く走り続けられない…………。

もともと体力がないのは自覚してたけど
いくらなんでも情けないと思うし

「こんな短い距離でも痩せられる?」
「ダイエット効果がゼロになっちゃう?」

こんな不安がよぎってしまいますよね?

だからこそ
「長く走り続けるにはどうすれば?」
という、その答えをお探しだと思います。

そこで、ここでは
ジョギングが走り続けられない!
とお嘆きの方に

短い時間や距離を走るだけでも
ダイエット効果はあるのか?ないのか?

どうやったら30分や1時間という
長い時間、走り続けられるのか?

その方法について解説していきましょう。

●ジョギングは走り続けられないとダイエット効果はゼロ?

ジョギングでダイエットをする場合
ずっと走り続けないと効果が無いような
そんなイメージを持っていますよね?

しかし、それはただの「思い込み」で

走り続けられないのはマイナスではなく
休まず走り続ける必要はありません!

5分走って休んで、また5分走って休んで
という繰り返しでも効果はあります!

ジョギングで痩せるために大切なのは
「トータルでの走った時間や距離」であり
連続して走り続けることではないんです。

ですから

ジョギングに慣れた人が
1時間「休まず」走り続けた場合

ジョギングの初心者が
「休み休み」なんとか1時間走りきった場合

この両者を比較しても
消費されるカロリー量に差はありません。
(※走るスピードで多少の差はあります)

どうでしょうか?安心したでしょうか?

では、どうして走り続ける必要がないのか
ここからくわしく解説していきます。

●長時間走り続けなくても痩せられる理由

5分や10分ジョギングしただけで
へばってしまうような人は

「これじゃ痩せられるわけないよな……」
と自虐的になってしまうでしょう。

でもご安心ください。

ジョギングは……というか
「有酸素運動」全般について以前は

“20分以上続けないと効果がない”

と言われていたんですが
最近になってこれが誤りだと判明。

この誤解の元となったのが

“運動を始めて20分が経過しないと
体脂肪がエネルギーとして使われない
(糖質だけが使われる状態)

だから20分以上続ける必要がある”

という誤った認識だったんです。

これが最近になって

運動開始直後から糖質と共に
「体脂肪も」エネルギーとして使われる

この事実が分かったんですね。

ですから、なにも長時間走り続けなくても
20分以下の短い時間ジョギングしただけで
体脂肪が消費されるのは確実!

つまり、10分走って、しばらく休憩し
また5分走ったら限界が来たので休憩……

という「細切れ」で走っても
痩せる効果は薄れないんですよ。

大切なのはあくまで
トータルでの「走った時間」ですから。

●長くジョギングするためのレベルアップ方法

10分走って休憩、5分走って休憩という
繰り返しでもダイエットにはなります。

とはいえ、それでは時間効率が悪いし
ジョギングをしているという実感が欠けて
モチベーションも上がらないハズ。

やっぱりカッコ良く軽い足取りで
街を駆け抜けたいですよね?

そのためには途中で休みを挟まくても
走り続けられる体力が必要になります。

その体力(持久力)を向上させるのは
そう難しい練習ではなくて

ジョギングをする

苦しくなったら歩く

呼吸が整ったらまた走りだす

という繰り返しを続けていけば
走り続けられる距離が伸びていきます。

これは「インターバルトレーニング」で
陸上部の学生でもプロのアスリートでも
昔から取り入れている練習方法のひとつ。

もっと苦しい練習をしてもいいから
走れる距離を伸ばしたい方は
これをより本格的に行ってみましょう。

■ハードなインターバルトレーニング法

通常より速いペースでジョギングする

苦しくなったらスピードを緩めて歩く

呼吸が整ったら再び速いペースで走る

※これを2~3km繰り返しながら行なう

こうして強い負荷をかけた練習をすれば
短期間で「心肺機能」が向上し
走り続けられる距離が格段に伸びます。

10分しか走り続けられなかったのが
20分は息が上がることなく余裕になり

20分しか走り続けられなかったのが
30分以上、涼しい顔で走れるようになる

こんな変化を手に入れられますので
ぜひトライしてみて下さい!

まとめ

ジョギングで走り続けられない悩みは
初心者のほとんどが最初にぶつかる壁…。

でも、だからといって
走り続けられないことを気にするなんて
本当にナンセンスなことなんですよ。

・短時間しか連続で走れなくても
ダイエット効果は得られる

・連続で走り続けることではなく
ジョギングする「トータル時間」が大切

・長く走り続けたいなら
インターバルトレーニングが有効

ほんのちょっとの距離や時間でも
ちゃ~んとカロリーが燃えて
体重が落ちていくのでご安心ください。

当然、長く走るに越したことはないので
少しずつ休まず走れる距離を伸ばすことを
意識するのが大切ですね。

僕もジョギング開始直後は
5分も走ると息が切れていましたが

めげずに続けていたら
いくらでも走れるように
心肺機能がアップしていました。

才能なんて一切関係なく
誰でもそうなりますから
ぜひ続けてみてください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングに必要な体力と筋力
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました