ジョギングを分けて走ると痩せない説はウソ!新事実が判明

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

ジョギングをしたいけれど
「まとまった時間」が確保できない……
そんな人、多くないでしょうか?

だから、ちょっと手が空いた時間に
ジョギングを少しずつ分割して
走るようにしたいけれど

「分けて走ると、体脂肪が燃えない?」
「一度にまとめて走ったほうが良い?」

こんな疑問が浮かんでくると思います。

そこで、ここではジョギングを
「分けて走る」と痩せないのか
脂肪燃焼の効果に違いはあるのか
くわしく解説していきましょう!

●ジョギングを分けて走ると痩せないってホント?

忙しい1日のなかで
1時間はおろか、たった30分でさえ
フリーな時間を確保するのが
難しい人もきっとたくさんいるはず。

だからこそ、ジョギングを
ちょっとした「スキマ時間」に
小分けにして行えたら便利ですよね?

ただそれだと体脂肪が燃えず
痩せる効果が無いのでは?という不安…。

しかし、ご安心ください。
「分けて走って」も脂肪は燃えます!

「まとめて」走ろうが「分けて」走ろうが
どちらの走り方をしても
体脂肪はちゃんと燃えるんですよ。

一日のスケジュール的に
まとまった時間が取れない人はもちろん

息が苦しくなるから
一度に20分も30分も連続して走れない人

このような人にとっても朗報ですね!

では、どうして分けて走っても
脂肪がちゃんと燃える効果があるのか
その仕組みを解説していきましょう。

●分けて走っても脂肪が燃えるワケ

分けてジョギングした場合の
痩せる効果について疑問視している方は

運動は20分以上続けないと脂肪が燃えない

という情報をどこかで耳にして
信じているからではないでしょうか?

僕もジョギングを始めた25年くらい前に
一般雑誌に載った小さな記事で
そんな内容を読んだ記憶があります。

だからこそ最初の頃は
最低20分はジョギングしていたのですが
その後、それは誤りだと分かりました。

たしかにジョギングを含めた有酸素運動は
20分以上、継続したあたりから
「脂肪の燃焼効率」が高まるのは事実。

この事実が拡大解釈されて
“20分間は続けないと脂肪が燃えない”
という誤解につながったようですね。

しかし、実際はジョギング開始直後から
脂肪もちゃんと燃えているんですよ。

体は運動を開始すると、しばらくは
「糖質」をエネルギー源とする

その糖質を燃やし尽くしてから
ようやく体内の「脂肪」が消費される

そう長らく考えられてきました。

しかし、現在では運動開始直後から

糖質と脂肪(両方一緒に)

消費されると判明しています。

ですから脂肪燃焼の効率性から言えば
20分以上続けるのが理想的だけれど
小分け(短時間)に走っても脂肪は燃える

これが正解なんですね。

●最低10分は続けよう!理想的な小分けジョギング方法

いくら小分けにジョギングしても
脂肪燃焼の効果は無くならないとはいえ

さすがに3分や5分くらいの
「超小分け」にして走るのはNG……。

ジョギングのような有酸素運動を
時間的に分割していい最低ラインは
「10分間」だと言われています。

それさえ分かれば、あとは
ご自分の生活のスキマ時間に
ジョギングをねじこめばいいわけです。

たとえば、主婦の方であれば

【朝】子供を幼稚園に送った後に10分間
【昼】夕飯の買物の後に10分間
【夜】入浴前に10分間

サラリーマンの方であれば

【朝】朝食前に15分間
【夜】仕事から帰宅後に15分間

こんなちょっとずつでも
すべて合わせれば1日30分間です。

これで一度にまとめて
30分間ジョギングしたのと
同じ効果があるなら最高じゃないですか?

●「分割ジョギング」のデメリット

ここまで1日に何度か回数を分けて
ジョギングすることは有効であり

忙しい人にぴったりの方法だと
諸手を挙げてお勧めしてきました。

しかし、そんな「分割ジョギング」にも
当然デメリットはあるんですね……。

■分割ジョギングのデメリット
・準備のための時間が増えてしまう
・多量の汗をかく夏は着替えが複数必要
・長距離(長時間)走る体力はつかない

ジョギングという行為には

1.ジョギングウェアに着替える
2.ストレッチやウォーミングアップをする
3.ジョギングをする
4.クールダウン(ストレッチ)をする
5.シャワーを浴びて普段着に着替える

という一連の動作が含まれます。

このような「走る時間」以外にも
なんやかんやと時間を取られるので

ジョギングする時間が10分であっても
トータルでは「15分~20分」は必要。

また、高温多湿になる夏場は
たとえ10分のジョギングでも
大汗をかいてジョギングウェアは
汗でぐっしょりと湿ってしまいます。

これをそのまま1日に何度も着回すのは
気分的にも衛生的にも厳しい……。

だからジョギングウェアを走る回数分
「複数枚」用意する必要があり
洗濯物がそれだけ増えるのは当然で。

更に10分程度のジョギングを繰り返すのは
カロリー燃焼には有効ですが

長距離や長時間、休まず走れるような
体力アップ効果は見込めません……。

以上が分割ジョギングのデメリットです。

まとめ

1日のなかで複数回に分けて
ジョギングをするのは脂肪が燃えないと
心配されるかもしれませんが

・分けて走っても脂肪は燃焼する
・まとめて20分以上走る必要はない
・最低10分のジョギングが下限時間
・分割ジョギングにはデメリットもある

このようにそれは無用な心配であることが
よくお分かりいただけると思います。

ただ、あまりにも細かく分割すると
効果が目減りしてしまいますし
それだけ手間が増えてしまいます。

個人的には午前と午後に一回ずつ
せいぜい「1日に2回の分割」が
限度かなぁ……というのが正直なところ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
痩せるための走り方
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました