ジョギングで仕事の疲れは取れる?走るだけで驚きの効果が!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

仕事で疲れが溜まっていく毎日。

一晩寝ても体がダルいままで
若い頃のように疲れが取れない……。

リフレッシュするために
週末に体を動かす人が増えていますが

なにかしら運動をすると
肉体的・精神的な疲労が洗い流されて
スッキリするっていいますよね?

なかでもジョギングをやる人は多く
町のあちこちで見かけるほど。

この記事では、本当にジョギングは

仕事の疲れを解消させる効果はあるのか?

「走ること」について未経験の人は
どうやって実践すればいいのか?

一歩踏み込んだ情報までお届けします。

●ジョギングで仕事の疲れは解消できる?

仕事でヘトヘトに疲れて帰宅した後に
そこからさらに気合を入れ直して
ジョギングに出かけるのは大変ですよね?

しかし、それだけの価値はあるんですよ。

間違いなくジョギングには
仕事の疲れを解消させる効果があります!

僕は20年ジョギングを続けていますが
飽きずに走る理由のひとつが
日々の仕事の疲れを取ることですから。

……いや、でもちょっと違うな。
疲れは無くならない気がする……。

より正確に表現するならば

仕事で溜まった不快な疲労感が
「心地よい疲労感」に上書きされる

といったところですね。

当然ジョギングをすれば
走った分の疲労感が上積みされます。

でも、その疲労感は
仕事での疲労感とは違い
まったく不快ではないんですよ。

ではどうしてジョギングで
仕事で溜まった疲れが取れるのか
そのメカニズムを解説しましょう。

●ジョギングで仕事の疲れが取れるワケ

そもそも仕事での「疲れの正体」は

・肉体的疲労
・精神的疲労

大きく分けると、この2つ。

肉体的疲労とは
疲労物質である乳酸が溜まるのが原因。

精神的疲労とは
職場の人間関係や仕事上のトラブルによるストレスが原因。

これら2つの疲労をまとめて一緒に
キレイさっぱり解消するには
「アクティブレスト」が有効なんですよ。

アクティブレストとは
疲労が溜まっている状態ながら
あえて軽い運動をすることで

疲労物質の排出を促し
疲労の回復を早める方法のこと。

日本語では「積極的休養」と訳され
元々はスポーツ選手が試合後に
迅速な疲労回復を目的に行っていました。

アクティブレストを行うと
血流が促進し疲労物質の乳酸が排出され
筋肉に栄養が行き渡るようになり

ただ体を休めるだけの休養よりも
肉体的疲労が早く解消されるんですね。

また、一定のリズムを刻むような
軽度な運動を繰り返すと
セロトニンという神経伝達物質が分泌され

ストレスや不安感が消えていくので
精神的な疲労も解消されます。

そしてアクティブレストの運動には
ジョギングがうってつけ!

スポーツ選手が疲労を抜くために
本来は休むべき試合の翌日などに
わざわざ運動するわけですから

これが効果があるのは
座り仕事(デスクワーク)だけでなく
立ち仕事はもちろんのこと

激しく体を動かす「肉体労働」の後でも
効果があるのは間違いありません。

●アクティブレストはジョギングだけじゃない

ここまでの説明で
ジョギングが仕事の疲れに有効なのは
よ~くご理解いただけたかと。

ただ、だからといって
疲れに悩む人すべてに
ジョギングは勧められません。

アクティブレストとして有効な運動は
何もジョギングだけではなく

・入念なストレッチ
・ウォーキング
・サイクリング
・水泳

などなど候補はたくさんあります。

ようは有酸素運動に含まれる運動なら
どれを選んでも良いんですよ。

もし少しでも自分の体型が
「太り気味」だという自覚があるなら

足腰に負担がかかりにくい
上記の運動をオススメしたいですね。

疲れを取るためにジョギングをして
膝や腰を悪くしたら本末転倒ですから。

肥満度を知るにはBMIがわかりやすく
客観的な参考データになります。

BMIについてくわしくはこちら。
※リンクする

●ぐっすり眠れる安眠効果もある!

日中は仕事で疲れているのに
夜になると目が冴えて眠れない……。

眠れないから余計に疲れが取れず
蓄積されていく悪循環の日々……。

こんな慢性的な疲れをもたらす
不眠症に悩まされていませんか?

その点でもジョギングは
とっても有効ですよ。

仕事での疲れだけでは
意外と体は芯から疲労しておらず

また、仕事でのストレスから
自律神経のバランスが崩れて
そのせいで寝付けない原因にも。

そんなときにジョギングをすれば
全身がまんべんなく疲れますし

セロトニンの効果で
精神的にリラックスし
ポジティブな感情になれます。

その状態で寝床につくと
ぐっすりとした快眠が訪れるはず。

僕は365日ほぼ毎日走っていますので
眠りたいのに眠れないという夜は珍しく
横になったらバタンキューが基本。

また、ジョギングを始めてから
夏バテをした記憶がありません。

ここ数年の猛暑でも
食欲が落ちたりせず元気なもの。

それもジョギングで
汗腺がひらかれて発汗機能が高まり
新陳代謝がアップしているせいですね。

夏の疲れはバカにできませんので
ジョギングで事前に準備しておくと
元気に夏を乗り切れますよ。

※注意点
重度の不眠症には効果がないため
医師の診断を受けるのが最善です。

●まとめ

ジョギングで仕事の疲れは取れるか
あらためてまとめると

・ジョギングで仕事の疲れは解消できる
・体を動かしたほうが疲れは取れるから
・ジョギング=アクティブレスト
・不眠や夏バテにも効果あり

どうも毎日、元気が出ない……
若いときのように寝ても疲れが取れない

こんな人には今日すぐにでも
ジョギングを試してもらいたいですね。

一日パソコンに向かって仕事をする人は
ジョギング中に遠くを見ることで

眼精疲労を癒やすという
副次効果もありますよ。

確かに始める前は
「面倒くさい」感情ばかり湧きますが

長く走るのが面倒だったり
運動時間が長く取れない場合は
10分や15分でも構わないと思います。

生活にプラスになる変化を
確実にもたらしてくれますから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングと体調の関係
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました