ジョギングで肌が老化するって本当?老け顔にならない対処法

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ダイエットや健康のために
ジョギングをしたいけれど
ひとつ気がかりなことがあって、それは

「肌が老化するのでは?」という不安。

ジョギングが趣味の友だちは
本人には言えないけれど

シミやシワが目立って
年齢より10歳は老けて見える……。

そういう人が身近にいると
自分も「老け顔」になるのでは…
と不安に思ってしまうのは当然ですね。

そこで、ここでは
ジョギングが肌を老化させるのは本当か?

また老化を阻止する対処方法について
すべてまとめてみました!

PICK UP
▼その他のジョギングによる疲れや弊害についてはコチラ▼
ジョギングの疲労まとめ。毎日走ることでの逆効果とは?

●ジョギングは肌を老化させる?

ジョギングをすると肌が老化するのか
まず簡潔に事実をお伝えすると

肌が老化する可能性がある!

もしくは

肌が老化して見えることもある!

というのがホントのところなんですね。

その肌を老化させる原因というのが

・紫外線による直接的なダメージ
・活性酸素による間接的なダメージ

ジョギングすることで
こんな2つのダメージを受けるため。

ただ、だからといって
肌の老化を恐れてジョギングを
やらないのはもったいないですよ!

ちゃんと対策をすれば
防ぐことは可能ですから。

では、それぞれの原因の解説と
その対処方法をまとめていきます。

●ジョギング中の紫外線から肌を守るには?

太陽光線をいっぱい浴びれば
皮膚が黒く日焼けするのは当たり前。

しかし、この日焼けの裏には
ただ肌が黒くなるだけではなく

「老けて見える」要因となる肌の劣化を
同時に大きく受けているんですよ。

■紫外線による肌への悪影響
・シミ
・シワ
・たるみ

老人の肌の目立った特徴といえば
シミとシワの2つになりますが
まさにそれをもたらすのが紫外線……。

この紫外線は冬でも曇りの日でも関係なく
一年を通して降り注いでいます。

ですから紫外線対策は夏場だけではなく
オールシーズン意識すべきですね。

■紫外線の対処法
・日没後、ジョギングする
・スポーツジムで走る
・紫外線カットの日焼け止めを塗る

もっとも有効な対策は
単純にお日様が照りつける昼間は
ジョギングは絶対に控えて
「日没後」に限定するということ。

日が長い真夏でも
午後7時以降に走れば日焼けしません。

僕は真夏でも毎日30分のジョギングを
病気の日以外は欠かすことがありませんが

必ず日没後に走っているので
夏でも冬のように肌は白いままです。
(生まれつき色白という理由もあって)

※女性の日没後のジョギングは
危険を伴うことがありますので
お気をつけください。

夜間に安全に走るコツについては
別の記事にくわしくまとめています。

●ジョギングで発生する活性酸素から肌を守るには?

活性酸素とは運動などによって
過剰に取り込んだ酸素が変化したもの。

本来、活性酸素には
細菌やウイルスをやっつけて
体を守る大切な役割があります。

しかし、増えすぎた活性酸素は
正常な細胞や遺伝子を攻撃するため
様々な病気の原因になったり

肌においてはシミやシワなどの
老化をもたらしてしまいます……。

この活性酸素は
激しい運動が原因で増加する以外に
紫外線を浴びることでも増加するため

太陽光線を浴びながら走るジョギングは
「運動+紫外線」という二重の意味で
肌の老化の原因となってしまうのですね。

ただし、ジョギングをすると
同時に活性酸素を抑える力も生まれるので

運動由来の活性酸素の増加を
心配する必要はありません。

ですから、ジョギングで気をつけることは
シンプルに紫外線による影響だけ。

紫外線の対処法は前述した通りです。

もしそれでも気になる場合には
「抗酸化物質」が含まれる食品を
意識して摂るようにしましょう。

■抗酸化作用がある食品
・緑黄色野菜
・フルーツ

具体的な栄養素としては
ビタミンCやビタミンEのほか
ミネラル類やカテキンなどです。

これらの栄養素(食品)を摂れば
活性酸素から体を守ってくれますよ。

※活性酸素への対処法は
別記事にくわしくまとめています。

●逆に肌がきれいになる効果も!

ここまではジョギングが
肌に与える悪影響ばかり
クローズアップしてきました。

しかし、逆にジョギングすることで
肌をきれいに若返らせる
こんな2つの効果もあるんですよ。

それがコチラの2つ。

1.新陳代謝が活発になる

肌のターンオーバーが促進され
シミやくすみのない若々しい肌に。

2.全身の血行が良くなる

くすみや目のクマなど
血行不良が原因の肌トラブルが解消。

もちろん、これらの嬉しい効果は
ジョギングだけの専売特許だけではなく
運動ならば同様の効果が得られるのですが

女性が手軽に行なえるスポーツとして
ジョギングほど身近なものはありません。

●ランナーが老けて見える原因

「いやいや、私の知っているランナーは
一人残らず老けて見えるのだけど……」

そんな印象を強く持つ人には
これまでの説明では腑に落ちないかも。

では、どうしてランナーが
老けて見えてしまうのか
その原因として考えられるのが

・化粧をしない人や薄化粧の人が多い
・贅肉が落ちて痩せているから

ジョギングも当然そうですが
サーフィンなどメイクを必要としない
運動を日常的に行っている人は

自然と「薄化粧」か「ノーメイク」が
当たり前になる傾向があるようです。

それが年齢を感じさせる原因に。

また、ジョギングを習慣にしていると
一般の人と比べてスリムになります。

それはもちろん良いことなのですが
顔に関しては肉が落ちてしてまうことで

目尻のシワだったり
口元の「ほうれい線」などが
過剰に目立つ原因になることも……。

そういった理由から
本当は肌が老化したわけではないのに
老けて見えてしまうわけですね。

まとめ

ジョギングは肌を老化させるのか
今回の記事をざっくりまとめると

・肌を老化させる原因になる
・それは紫外線と活性酸素のせい
・両方とも簡単に対処が可能である
・ランナーが老けて見えるのは誤解

すでに競技を引退された
女性マラソンランナーの姿を
ときたまテレビで見かけますよね?

テレビ用にメイクしているから
肌の衰え具合を確認できませんが

高橋尚子さんや野口みずきさんなど
年齢相応の肌をしていて
特別老けているとは思いません。

僕はかれこれ20年以上も
途中ブランク期間はありましたが
ジョギングを継続してやってきました。

ついに40代を迎えて
シワやシミは年相応にありますが

それで老けて見られることはなく
逆に年齢より若く見られる方です。

今回ご紹介した適切な対処をすれば
何も心配する必要はないですよ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングと体調の関係
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました