ジョギングシューズは高いほど良い?安い商品との違いを解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

スポーツ専門店に行くと
恐ろしく高価なジョギングシューズが
たくさん陳列されていますよね?

それを見たら、初心者はきっと

「高いシューズと安いシューズって
一体どこがどう違うの?」

「値段が高いシューズほど性能が良い?」

「最初から高額なモデルを買うべき?」

と、疑問に思ってしまうハズ。

そこで今回は
ジョギングシューズの高い商品にまつわる
3つの疑問についてお答えしていきます!

●ジョギングシューズは高いものほど良い?

初心者がジョギングシューズを選ぶとき
まっさきに目につくのが「価格」。

ジョギングシューズの「高い/安い」は
どのように関係しているのか
Q&A形式でまとめました。

Q.ジョギングシューズは高いものほど良い?
A.性能的には当然優れています。

Q.高いシューズと安いシューズの違いは?
A.違いには2種類あって
「練習用」と「レース用」の違いと
「初心者用~上級者用」の違いです。

Q.初心者でも高いシューズを買うべき?
A.ほどほどの値段のシューズで十分です。

では、ここから
価格とジョギングシューズの関係について
よりくわしく解説していきましょう。

●高いジョギングシューズは「性能」が優れている!

高いジョギングシューズほど
性能が優れているのは間違いありません。

そもそもジョギングシューズにおいて
性能の「良し悪し」というのは

・靴底(ソール)の機能性
・重量(軽い/重い)
・通気性

という、この3点に表れます。

簡単に言ってしまえば

どれだけ最新技術を詰め込んでいるか?
どれだけ優れた素材を採用しているか?

こうしたポイントが性能に直結し
そのためのコストがシューズの価格に
反映されているわけですね。

●高いシューズと安いシューズの違い

そもそもジョギングシューズには

・練習用
・レース専用(レーシングシューズ)

という「用途」による違いがあり
練習用の中にはそれぞれ

・初心者用
・中級者用
・上級者用

というランナーのレベルに合わせた
モデルの違いがあります。

「レース専用」はその名の通り
マラソン大会に出場するためのシューズ。

速く走るために限りなく軽量設計で
その分、足への負担が大きいタイプです。

一方、練習用はランナーが
普段の練習のために履くシューズのこと。

長時間(長期間)履き続けるため
クッション素材をふんだんに使って
足への負担を少なくし耐久性が高いですが

その分、ソール部分が分厚くなり
重量は重くなっているタイプです。

一般的にどのメーカーでも

レース用>>>練習用

とレース用のほうが価格は高め。

初心者は当然、最初は練習用シューズを
選んで買うことになるのですが

どれでも良いわけではなく
初心者~上級者用に分かれてるので注意。

練習用のシューズも値段の面では
ナイキやアシックスなど
どのメーカー製においても

上級者用>中級者用>初心者用

と差がつけられています。

●初心者は「ほどほどの値段」のシューズを選ぼう

3,000円以下で売られているような
安いジョギングシューズを
ショップで手に取ってみてください。

ずっしりと重くないでしょうか?

次に1万円以上する高いシューズを持つと
その軽さに驚くこと間違いなし!

そう、一口に初心者向けといっても
値段により「重さ」に違いがあるんです。

ソールが厚くクッション性が高いけれど
重量は「軽い」ものと「重い」もの

快適に楽に走るなら「軽い」ものを
ぜひとも選びたいですよね?

もちろん、いくら軽いとはいっても
レース用シューズを買うのは間違いなので

初心者向け練習用モデルの中から
ご自分の予算内で選ぶのが
正しい選択だと覚えておいてください。

初心者がどれくらいの価格の
ジョギングシューズを選べばいいか
ざっくりとですが目安を示すと

・3000円以下⇒ノーブランドの安物
・5000円前後⇒大手ブランドの初心者用
・1万円台⇒大手ブランドの中級者用
・2万円前後⇒大手ブランドの上級者用

このようになります。
※定価ではなく実売価格での話です。

ジョギングシューズにとって
5000円前後のモデルは「安い」ですが
初心者にはそれくらいで必要十分。

1万円を超えるような「高い」モデルは
まだまだ必要ありません!

「安物買いの銭失い」という表現を
いろんな場面で使いますよね?

たとえば釣りなら
最初から高い釣り竿を買ったほうが
あとあと損をしないものですが

ジョギングにおいてはNG行為。

いきなり値段が高いモデルを買っても
足に余計な負担をかけますし
シューズの性能を活かしきれません。

そのあたりの「最適なチョイス」が
自分では難しいと思ったら

大きなスポーツショップへ行って
知識豊富な店員に相談しながら
買うのがベストですよ!

●中級者のリアルなシューズ事情

僕は20年以上ジョギングを続けてますが
いまだにレベル的には中級者です。

レース(マラソン大会)には出ませんし
毎日5km程度を走るくらいの走行距離。

ですから、あまりシューズに
お金をかけたくない気持ちが強く

定価が1万5,000円くらいのシューズを
8,000円くらいでお得に購入して
それをいつも履いて走っています。

安く買うコツは単純で
発売したての新作は買わずに

発売日から半年以上経ったモデルを
ネット通販で探してくることです。

もちろん、買う前には
町のリアル店舗へ行って
試し履きをしてサイズ感を確かめます。

こうすることで
定価の半額程度で購入できますよ。

靴はなぜか家電製品以上に
値崩れするまで短いですから。

ジョギングシューズは
一定の距離を走ったら引退させて
買い換えないといけません。

数年に一度は買い換えると思うと
個人的に1万円以内が予算の限度ですね。

<※ジョギングシューズの寿命にリンク>

まとめ

ジョギングシューズの高い/安いは
どんな理由から値段の差があるかというと

・ジョギングシューズの値段は性能に比例する
・レース用と練習用で値段に差がある
・上級者~初心者モデルでも値段に差がある
・初心者は値段だけでシューズを選ばないこと

このように高い商品ほど性能が高いですが
それはひとつの選択基準に過ぎません。

家電製品を買うときに無知な人ほど
「いちばん良いやつ!」と店員に指名して
値段だけで決めてしまいますが

ジョギングシューズにおいては
そういう選び方は絶対にダメです。

「高い・安い」はひとつの目安として
自分にあったシューズを選んでください!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギンググッズ
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました