ジョギングを挫折した人へ。誰でも継続できる3つの魔法テク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約6分で読めます。

ジョギングを挫折するたびに
「ああ、私はダメ人間だ……」
なんて自分を責めていませんか?

でも安心してください。

ジョギングを始めても
すぐに止めてしまう人が大半ですから。

楽しいことならともかく
苦痛をともなう行動を
長く続けられないのは当然です。

……しかし、今回ご紹介する
ジョギングを挫折しない方法を実践すれば
20年だって続けられますよ!

「20年なんて大げさな!」

と思うかもしれませんが
当ブログ管理人がジョギングを始めてから
すでに20年以上が経過しています。

なので、その効果は折り紙付き!

何事もすぐに投げ出す三日坊主さんも
ぜひぜひ試してみてください。

●ジョギングを挫折しない3つの魔法テクニック

ジョギングを20年以上も続けてきた
「挫折知らずの」僕が推薦する

ジョギングを挫折しない方法は

・その日の気分で走らないようにする
・「がんばらない」と決める
・病気で苦しむ悲惨な未来を想像する

このシンプルな3種類です。

正直、派手さもないですし
目新しさもないかもしれません……。

でも、その効果は僕自身が実証済み!

それではこの3つの挫折防止策を
ここからくわしく解説していきます。

●挫折予防テク1.その日の気分で走らない

ジョギングの挫折予防テクニックの
1つめが「その日の気分で走らない」。

ある著名な小説家は
一日に書く小説の枚数(文字数)を
ルールとして決めておいて
それを必ず守ると言います。

どんなに筆が走る日でも
規定の枚数を書いたら、それでおしまい。

調子が良い日も悪い日も
決めたノルマを粛々とこなすことが
長く続けるコツだと話していました。

これを読んで僕は
「ジョギングもまったく一緒だな」と
強く強く共感したんですね。

実際、僕はジョギングを始めた当初から
無意識にそれを実践していたんですよ。

つまり、どういうことかというと

・計画性を持つ
・最初に「◯km/◯分走る」と決める
・走る頻度や走る時間帯も決める
・何があろうとそれを厳守する

こういうふうに
その日の気分で走らないようにすること
これがすご~く重要なことなんです。

なんとなく今日はたくさん走ろうとか
なんとなく今日は走りたくないとか

そういう「いい加減」な取り組み方では
早々に挫折するのは人間の性質上
当然といえば当然なんですよ……。

まずジョギングを始める前に

・週に何度走るか?
・一回につき何分/何キロ走るか

これだけは最低でも決めておきましょう。

※初心者がジョギングするときの
目安になる距離や時間については
こちらの記事でくわしく解説しています。

●挫折予防テク2.「がんばらない」と決める

ジョギングの挫折予防テクニックの
2つめが「がんばらない」と決めること。

大前提として挫折しないためには
始める前に「目標(ノルマ)」を決めて
それをこなすことが何より大事。

しかし、だからといって
高い目標を決めてしまうと挫折するのが
誰しもよくあるパターンで……。

そこで、目標(ノルマ)を決める際には
力を抜いて「がんばらない」が大切。

ジョギングを挫折する原因といえば

・面倒くさい
・苦しい/辛い/しんどい
・走ったら足腰が痛くなった

これらに当てはまりますよね?

これら挫折原因を避けるために
その時点での自分にとって

・最低限の「できること」しかやらない
・「辛くてやめたくなる」ほど走らない

=がんばらない!

これをなにより優先してください。

ちなみに僕がジョギングを始めたときは

・1度に20分しか走らない
・2日に1回しか走らない
・雨の日はきっぱり休む
・人影がない夜を選んで走る
・準備運動(ストレッチ)はしない

こう決めて実践しました。

これはあくまで一例ですので
ご自分で「最低ライン」を見つけ
それを紙にでも書いておきましょう。

●挫折予防テク3.病気で苦しむ悲惨な未来を想像する

僕がジョギングを始めたのは14歳の頃。

当時は中学校に行かず(登校拒否中)
終日ずっと家に引きこもっていたので
どんどん体重は増加する一方。

このままの状態が続いたら
はてしなく太っていき

重い病気にかかって早死するのでは?
という強迫観念にとりつかれていました。

今、こうして振り返ると

「恐怖に突き動かされていた」から
ジョギングを挫折しないで続けられた

というふうに思えて仕方ありません。

人間は「得をする」と感じたときより
「損をする」と感じたときのほうが
行動を起こしやすい

そう考えられています。
(行動心理学として確かな説です)

この人間の心理的な性質を利用し
挫折を防ぐのは理にかなっていますね。

つまり、こういうことです。

ジョギングを続けてダイエットに成功し

・体重が◯kg減った
・脂肪が落ちてスリムな体になった
・かわいい服が着られるようになった

など得する未来を想像するのではなく

ジョギングを挫折したために
さまざまな生活習慣病になり

・食事制限など制約が課されることに
・長い入院生活を送ることに
・高額な医療費が生活を脅かすように

など損をする未来を想像してください。

※生活習慣病とは
・高血圧
・動脈硬化
・糖尿病
・心筋梗塞
・脳卒中

など生活習慣(運動不足や食べ過ぎ)で
引き起こされる病気のこと。

いま試しにインターネットで
生活習慣病をくわしく解説した記事や

実際に病に倒れて
闘病生活を送る方のブログなどを
検索して読んでみてください。

……ホントに気の毒ですし、
失礼ながら、ああはなりたくないなぁ
と思うのが普通ですよね。

自分が同じ状況になったら

・今の仕事は続けられるのか?
・何歳まで生きられるのだろう?
・家族にどれだけ負担がかかるのか?

これをリアルに想像すると
居ても立ってもいられなくなり

挫折する甘い誘惑なんて消えてしまい
今日からすぐ走りたくなるでしょう。

まとめ

ジョギングを挫折しないで
なんとか続けていくためには

・その日の気分で走らないようにする
・「がんばらない」と決める
・病気で苦しむ悲惨な未来を想像する

この3つを個人的にお勧めします。

今でこそ明るい顔で
「ジョギングは楽しい趣味」と
臆面もなく書いてしまう僕ですが

楽しんで走れるようになったのは
ずいぶんと後になってからのこと。

始めた当初は
仕方なく・しぶしぶ・いやいやながら
続けていたんですよ。

挫折する原因をひとつずつ潰して
何も考えずマシンのように実践する
これが長く続ける秘訣ですね。

僕はそれで通算20年以上も
ジョギングを継続してきましたから。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングを継続する秘訣
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました