ジョギングvs踏み台昇降!消費カロリーが多いのはどっち?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

ジョギングVS踏み台昇降!

NHKの『ためしてガッテン!』など
TV番組で取り上げられたのをきっかけに
一躍有名になった「踏み台昇降」。

家の中で他人の目を気にしないで
誰でも手軽に行える運動として
男女年齢を問わず人気になっています。

ただ、年齢的に足が弱っていたり
太りすぎの人を除けば
ジョギングという選択肢もありますよね?

どうせ時間をかけて行なうなら
少しでも消費カロリーが多い運動を
選びたいと思うのは当然のこと。

そこで、ここでは
ジョギングと踏み台昇降を比較して
どっちが消費カロリーが多いのか?
気になるその一点を追求していきます!

PICK UP
▼ジョギングVS○○のまとめはこちら▼
ジョギングのカロリーを他の運動と比較!どっちが消費量が多い?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ジョギングと踏み台昇降、消費カロリーが多いのはどっち?

消費カロリー量は「ジョギング」の勝ち

踏み台昇降は電話帳やコミック雑誌を
何冊かまとめて部屋の床に積み上げれば
すぐに始められる手軽な運動です。

しかし、いざ試しにやってみると
想像以上に「楽ちん」だと感じて

本当に効果があるのか疑問を持つ人も
多いのではないでしょうか?

それもそのはず。
ジョギングと踏み台昇降を比べると

踏み台昇降(25cm)の消費カロリーは
ゆっくりのジョギングと同じくらいですが

スピードを速めたジョギングと比べると

踏み台昇降のほうが圧倒的に少ない!

これが現実なんですね……。

踏み台昇降はあくまで
ジョギングの初心者レベルと同程度であり

中級者レベルのジョギングと比較すると
完全に劣ってしまいます。

では、ここから具体的なデータをもとに
その消費カロリー量の違いを
解説していきましょう。

ジョギングと踏み台昇降の消費カロリーの差

ジョギングも踏み台昇降も
消費カロリーを割り出すには
「METs」という数値を使います。

METsとは、体を休めている状態と比べて
どれだけ体に負荷がかかっているか?
それを数値で表したものなんです。

そのMETsでジョギングと踏み台昇降は
どのように設定されているかというと

【ジョギングの速さごとのMETs数値】
■時速6.4km・・・6.0METs
■時速9.7km・・・9.8METs
【踏み台昇降の高さごとのMETs数値】
■15cm・・・4.7±1.1METs
■25cm・・・6.4±1.4METs

※1分間に120歩の速さで行なう場合

参考サイト:J-STAGE

このようになります。

参考までに時速6.4kmのジョギングは
初心者でも十分に走れるほどの
超スロージョギングです。
(1kmを10分くらいのペース)

一方、時速9.7kmのスピードは
中級者が無理なく走れるペースで
僕も普段はこの速さで走っています。

(※1kmを6分くらいのペース)

このMETsを計算式に当てはめれば
それぞれの運動の消費カロリーが
立ちどころに分かってしまうんですね。

■METsを使った消費カロリー計算式
METs×体重(kg)×運動時間(h)×1.05

「体重58kg」の人が
それぞれの運動を「1時間行った場合」を想定し
計算してみた結果がコチラ。

ジョギングと踏み台昇降の消費カロリーを計算して比較

ジョギングと踏み台昇降の消費カロリーを計算して比較

【第1位】ジョギング(時速9.7km/9.8METs)
9.8METs×58kg×1(h)×1.05=596.82kcal

1時間で597kcalの消費!

【第2位】踏み台昇降(高さ25cm/6.4METs)
6.4METs×58kg×1(h)×1.05=389.76kcal

1時間で390kcalの消費!

【第3位】ジョギング(時速6.4km/6.0METs)
6.0METs×58kg×1(h)×1.05=365.4kcal

1時間で365kcalの消費!

この計算結果から
消費カロリーの差をジャッジすると

  • スロージョギング≒踏み台昇降
  • 踏み台昇降<少し速めのジョギング

であることがよく分かりますね。

※踏み台は25cmの高さの場合
※計算結果は小数点以下を四捨五入

関連記事

なにも踏み台に拘る必要はありません。

他にもジョギングの代わりになって
体脂肪が燃える運動がありますよ。

⇒ジョギングの代役になる4つの運動とは? 

踏み台昇降が向いている人は?

消費カロリーの量では
ジョギングに軍配があがりますので

ダイエット効果をなにより優先する方は
踏み台昇降に浮気するのはムダです。

「だからジョギングを選びましょう!」と
つい言いたくなってしまのですが

なかには踏み台昇降の方が
向いている人もいるんですよね。

踏み台昇降はこんな人にお勧め
  • すぐに痩せる必要がない人
  • 肥満体なのでジョギングをすると膝が痛くなってしまう人
  • ジョギングする姿を他人に見られたくない人
  • ジョギングウェアやシューズなど道具を用意する余裕がない人

こんな理由に「刺さる」としたら
踏み台昇降を選びましょう。

ただし、住環境によっては
長く行なうのは困難な場合も……。

踏み台昇降のデメリット

マンションでは階下に足音がひびいて騒音問題に……

  • マンションやアパートでは足踏みによる階下への騒音が迷惑になる
  • 家の土台をきしませて悪影響を及ぼす

日本の家屋の多くは
木造の安普請やすぶしんのうえ面積が狭く

何かと制約が多いですから
室内の運動には不向きかもしれません。

スポンサーリンク

まとめ

ダイエットの手段として
踏み台昇降とジョギングのどっちを選ぶか
迷う人も多いと思いますが
ざっくりと結論だけ、おさらいすると

  • 踏み台昇降とスロージョギングでは
    消費カロリーはだいたい同じくらい
  • 速め(時速10km)のジョギングと
    比べたら踏み台昇降は大幅に劣る
  • 消費カロリーでは見劣りするが
    人によっては踏み台昇降が向くこともある

このように手っ取り早く痩せたいなら
ジョギングを選ぶのがベストですよ。

試しに僕も踏み台昇降をやってみましたが
25cmの段差を上り降りする際には

足下をしっかり確認しないと
うっかりつまづいて危険でした……。

ランニングマシンやエアロバイクのように
テレビを観ながらの「ながら運動」とは
都合よくいかないようですね。

室内でこの単純運動を1時間も続けるのは
「辛いな」というのが僕の正直な感想。

僕なら迷わずジョギングを選びます!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングでカロリーを消費するコツ
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました