ジョギングはストレス解消になる?イライラが消える走り方

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は約5分で読めます。

憂鬱で気持ちがふさぎ込む……
ささいなことでイライラする……

将来のことを考えると
今よりもっと悪くなっていきそうで
絶望的な気分になる……。

こういうことが僕自身、よくあります。
これって典型的なストレス症状ですよね。

仕事のことや人間関係で悩みを抱えて
日々ストレスを感じている人。

このストレスを解消する手段として
ジョギングに興味を持つ人も多いはず。

そこでジョギング歴20年の管理人が
走ることで本当にストレス解消になるのか
その真実を追及してみました!

●ジョギングはストレス解消になる?

スポーツがストレス解消になることは
世間では一般的に信じられていますよね?

だからこそみんな高いお金を払って
スポーツジムに通ったりするわけですが

そこでジョギングという手段を選ぶ人も
少なからずいらっしゃいます。

ただジョギングは激しい運動ではないので
「ストレス解消」という言葉には
しっくりこないように思えてしまいますが

科学的な観点から見れば
ジョギングはストレス解消に有効である!

と断言して間違いありません。

……ですが、しかし。

ジョギングを20年以上も続けている
僕の正直な実感を告白しますと

ジョギングをしたからといって
きれいサッパリなくなるわけではない!

これだけは確かです。

正確に言えばジョギングは
ストレスに対してガス抜きにしかならず
一時的な解消に過ぎません。
(あくまで僕の実感によると、ですが)

では、科学的にはどうして
ジョギングがストレス解消になるのか?と
より効果的に解消する走り方について
ここから解説していきましょう。

●ジョギングがストレス解消になる科学的な根拠

ストレス症状は人によって様々ですが
代表的な症状と言えば

・イライラする(怒り)
・気持ちが落ち込む(うつ症状)

この2つになりますよね?

このような心の乱れを落ち着かせ
幸福感をもたらしてくれるのが
「セロトニン」という神経伝達物質です。

つまりストレスを解消するには
セロトニンを活性化させればいいのですが
それには「リズム運動」が効果的。

リズム運動とは一定のリズムを刻みながら
同じ動作を繰り返す運動のこと。

リズム運動と言えば
ウォーキングやダンスが代表的ですが

一定のテンポを保って走り続ける
ジョギングもその条件を満たす
「運動のひとつ」なんです!

素人の考えだとジョギングよりも
もっと激しいスポーツの方が
鬱憤を晴らすことが出来そうなので
ストレス解消に向くと感じませんか?

しかし、実際のところジョギングも
ちゃんと科学的な根拠に裏付けられた
ストレス解消に適したスポーツなのです。

●【簡単解説】ストレスを解消する科学的なジョギング方法

ジョギングがストレス解消に有効だと
科学的に実証されたところで

じゃあどういう風にジョギングすれば
ストレスが解消されやすいのか
具体的な走り方について解説しましょう。

■ジョギング時間は20~30分を目安に

セロトニンが活性化されやすいのは
リズム運動を始めてから
20~30分がピークと言われています。

この時間を目安にジョギングをし
疲れたと感じる前に止めるのがポイント!

■明るい時間にジョギングする

セロトニンは太陽光線を浴びることでも
活性化すると言われていますので
ジョギングする時間は日没後ではなく
朝か日中の明るい時間を選びましょう。

■1人より2人!仲間でジョギングする

セロトニンを活性化するリズム運動は
不思議なことに1人で行うよりも
2人以上の同好の仲間同士で行なうほうが
より活性化しやすいと言われています。

なるべくなら家族や友だちと一緒に
ジョギングするのが理想的ですよ。

●僕が勧める「ストレスを忘れてしまう」ジョギング方法

今回、調べてみてジョギングが
科学的にストレス解消に有効なことを
はじめて知りました。

ただ、個人的には毎日ジョギングしていて
ストレス解消に役立っているという実感は
残念ながらありません……。

・ストレスは数値化できない
・ストレスの元凶がなくなるわけではない

と悲観的なことを言うのは
身も蓋もないでしょうか?

ただ、それでもジョギングは
僕にとって大事なリフレッシュ方法です。

ストレスを解消するというより
一時的に忘れることができて
リフレッシュできるという表現のほうが
しっくりくるように思えます。

普段は30分くらいのジョギングですが
「ストレスが溜まっているなあ」と感じ
心がモヤモヤしている時は

普段の「2倍~3倍の距離」を走って
体をクタクタに疲れさせる

ということを実践しています。

セロトニンを最大限に活性化させるには
体を疲れさせるのは間違いなのですが

心理的な疲れ(ストレス)を上回るくらい
身体的な疲れをガッツリ与えると
なぜか心身共にスッキリするんですね。

あまり科学的・効率的ではありませんが
個人的にお勧めのリフレッシュ法です。

●追記(2018/11/7)
アメリカ心理学会(通称APA)という
世界的に最も権威のある心理学団体が
こんな研究結果をつい最近発表しました。

それが
科学的に効果の高いストレス解消法です。

それによると

・運動すること
・読書をすること
・音楽を聴くこと

などがストレスの解消には効果的であり
逆に「効果が無い」とされるのは

・ギャンブル
・暴飲暴食(飲酒を含む)
・映画やテレビを見ること
・ショッピング
・ネットサーフィン

だそうです。

参考:
American Psychological Associaton

ですから好きな音楽を聴きながら
ジョギングをするのは
「科学的」に見て効果的と断言して
まったく構わないわけですね!

まとめ

僕がもし家族や友人に
ジョギングを勧めるとしたら
「ストレス解消に効果的だよ」とは
きっと言わないと思います。

しかし、このように

・ジョギングはストレス解消に有効である
・セロトニンがストレスを和らげる
・セロトニンはリズム運動で活性化する
・ジョギングはリズム運動の一種である

科学的に有効なのは確実なんですね。

もし手軽なストレス解消法をお探しなら
ジョギングを第一候補にすべきです。

今日溜めてしまったストレスを
明日に持ち越さず忘れてしまうために

ジョギングして頭を空っぽにするのは
有効だと僕も太鼓判を押しましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

20年間、毎日欠かさず5kmの距離をジョギングしています。
月間150km、年間1800kmを走破。
おかげで病気や肥満とは無縁で健康を維持中。
足のケガにも悩まされたことはありません。

RSSリーダーに登録する
ジョギングの魅力
この記事をみんなにシェアする
RSSリーダーに登録する
〜メリージョグ〜 ジョギング初心者の辛いを楽しいに変える

コメント

タイトルとURLをコピーしました